月150円の電気代!ウォータースタンド「ガーディアン」で節約

なんといってもウォーターサーバーは電気代がかかるのでは?

電気代は毎日使うので年間だとばかになりません。

実はウォーターサーバーには電気代が驚くほど安い機種があります。

それは電気代が月150円のウォータースタンド「ガーディアン」です。

この記事では一般的なウォーターサーバーの電気代と比較して国内最安レベルのウォータースタンド「ガーディアン」の電気代も紹介します。

ガーディアンの特徴と電気代を節約する方法も紹介します。

一般的なウォーターサーバーの電気代 はいくら?

「日本宅配水&サーバー協会」の定める消費電力測定方法による試験結果から、一般的なウォーターサーバーの電気代は次の通りです。

宅配水ウォーターサーバーの電気代月額800円~1,200円

参考に、電気ポットの電気代とも比較してみます。

一般的な電気ポットの電気代600円~1,000円

電気ポットの電気代の計算は「日本電機工業会自主基準データ」を参考にしました。

国内の最安電気代は「ガーディアン」の月額150円

結論から紹介するとウォーターサーバーの電気代が国内で最も安いのはウォータースタンド「ガーディアン」です。

ウォータースタンド「ガーディアン」の電気代は月150円

ウォータースタンド社で公表している機種別の電気代を一覧表にまとめました。

機種温度電気代(月)
ネオ冷水・温水・常温水859円
アイコン冷水・温水・常温水518円
ガーディアン冷水・温水・常温水150円
トリニティ冷水・常温水227円
メイト(電気不要)常温水0円
ステラ冷水・温水・常温水635円
S3冷水・温水・常温水656円
L2冷水・温水・常温水1072円
ネオス2(電気不要)常温水0円
ウォータースタンドの電気代 2022年9月11日現在

この電気代の比較表で分かる通り、温水・冷水が使える中で最も電気代が安いのは「ガーディアン」で、月150円とダントツなのです。

電気代「150円」のガーディアンとは?

電気代が最も安いガーディアンは、『瞬間冷温水機能』を持っています

使う時だけ瞬間的に冷水や温水にします。

このタイプは国内ではウォータースタンドの「ガーディアン」と2022年6月発表の新商品「アイコン(icon)」の2機種だけです。

出典:ウォータースタンド公式サイト  ガーディアン

つまり「冷水タンク」「温水タンク」がありません。

常時保冷や保温の電気代が不要になります。

そのためウォータースタンドの中では電気代が月150円と最も安いです。

その上写真のように23センチ四方の超コンパクトサイズです。

年間換算ではたったの約1,800円の電気代でダントツの省エネウォーターサーバーです。

ウォータースタンド「ガーディアン」で電気代を節約!

ウォーターサーバーの電気代を抑えたい方は、ウォータースタンドの「ガーディアン」がおすすめです。

冷水・温水・常温水が使い放題で年間1,800円(月150円)の電気代は業界でもトップクラスです

ガーディアンの3つの特徴をまとめると、

  1. 瞬間冷温水システムを搭載なので ➡ 電気代が月150円と節約できる
  2. 冷水・温水タンクが不要なので ➡ 23センチ四方のコンパクトサイズ
  3. 水道水をつかうので ➡ 定額制で使い放題

つまり、電気代、水代が最も安く使えるウォーターサーバーが「ガーディアン」と言えます。

国内のウォーターサーバーでエコモードを使わずに、いつでも熱いお湯と冷たい水が飲めて電気代が月150円を超える機種はまだ見ていません。

電気代の節約方法でこれ以上の方法はありません。

「ウォータースタンド」の最新情報はこちらから

最新情報、申し込み方法、キャンペーンは以下の公式ページで詳しくご覧ください。

公式ページで詳しく見てみる

参考記事

タイトルとURLをコピーしました