アップルマンゴーの食べ方。冷たくするとおいしさ倍増!

お得な情報
この記事は約2分で読めます。

アップルマンゴーは、どのように食べたらおいしくいただけるのでしょうか?

台湾産のアップルマンゴーは、りんごのように赤くてとってもおいしいのです。

この記事では

・アップルマンゴーの食べ方
・アップルマンゴーの食べ頃の時期
・アップルマンゴーのカット方法

について紹介します。

とってもおいしいアップルマンゴーをさらにおいしく食べましょう。

スポンサーリンク

アップルマンゴーの食べ方

アップルマンゴーは、りんごとマンゴーの交配で生まれた果実です。

果皮は写真のように真っ赤で、果肉はオレンジ色で果汁がたっぷり。

ほどよい酸味と濃厚なマンゴーの甘さが調和して、とろけるようなおいしさです。

台湾のアップルマンゴーの品質は世界一とも評価されています。

アップルマンゴーの冷やし方

アップルマンゴーは、冷やしてから食べるとおいしさが一層まします。

加工したり、ほかのものを加えたりせずに、そのまま食べるのがとってもおいしいフルーツです。

食べる2~3時間前に冷蔵庫で冷やしてから食べると、超おいしいこと間違いなし!!

保存する時は、完熟の場合は冷蔵庫で保管してください。

アップルマンゴーの食べ頃の時期

まだ果肉がかたく熟していないマンゴーは、常温の涼しいところで熟させます。

室温は、20℃くらいがベストです。

食べごろは、マンゴーの甘い香りが強くなります。

そして、指先でさわったとき柔らかさが感じされれば、食べごろです。

アップルマンゴーのカット方法

アップルマンゴーの真ん中に大きな種があります。

この部分を避けて3つに切ります。

例えば魚の3枚おろしのような感じです。

3枚におろしたマンゴーの1つ
3枚におろしたマンゴーの1つ

切り分けたマンゴーの果肉にサイの目状の切り込みを入れます。

そして、マンゴーの両端をもって、中心部の果肉を皮の下から持ち上げます。

サイの目に切り込みをいれてひっくり返したところ。
サイの目に切り込みをいれてひっくり返したところ。

すると、写真のようになります。

そのまま冷たいうちの、お召し上がりください。

まとめ

ここまで「アップルマンゴーの食べ方。冷たくするとおいしさ倍増!」を紹介いたしました。

台湾のアップルマンゴーは世界でも最高の品質のマンゴーと評価されています。

とろけるような甘さと酸味をもったアップルマンゴーを冷たく冷やして、ぜひ食べてみてください。

アップルマンゴーのファンになってしまいます。

タイトルとURLをコピーしました