コスパ最高!『バレンタインチョコ』はベルギー製?

雑記「家事」
この記事は約2分で読めます。

久々に女性からバレンタインチョコのプレゼントをもらいました。

その女性は女房です。これには驚きましたが、うれしいのが本音。

もらったバレンタインチョコに関する話題です。

スポンサーリンク

ベルギーからの輸入チョコなのですが?

made in belgium と書いてある

ベルギーから輸入されたチョコレートです。

ベルギーといえばチョコレートの本場で有名です。

ベルギーではチョコレートの約30%がコーヒーと一緒に食べられています。
参考:Neuhaus2017 ベルギーIpsos研究)

コーヒーとチョコレートの組み合わせは人気なのですね。

女房が買ってきたチョコレートは、トリュフ型の生チョコにココアオパウダーがたっぷりとかかっています。

200gも入っていてズシリと重い箱ですが、400円と超お得感があります。

「安いから、買ってきたのよ!」とのことで、別にバレンタインというわけでもなさそうです・・

日本のバレンタイン用のチョコは、量も少なくかなりこの時期は値段がはるようです。

400円なのですが、売り場では余っているほど残っていたようです。

ベルギーチョコはおいしい!

トリュフチョコが21個も入っていた。

いったいどのような経路ではいってきたのでしょうか?

イオンリテールが輸入業者で製造国名が「ベルギー」となっています。

トリュフの形をしていることから「トリュフチョコ」と呼ばれていると書いてあります。

食べてみると、癖が無く口の中で生チョコとココアパウダーが程よく溶けて実においしいのです。

コスパ最高です!

外箱には「GORVERNOR’S」と印刷されていますが、ベルギーのどんな会社かはわかりません。

ベルギーチョコレートのブランドには、WITTAMER(ヴィタメール)、PIERRE MARCOLINI(ピエール・マルコリーニ)、GODIVA(ゴディバ)、Neuhaus(ノイハウス)、Chocolatier BURIE(ブリー)、Leonidas(レオニダス)などが有名です。

しかし、この「GORVERNOR’S」を探しましましたがよくわかりませんでした。

でも、この味は高級チョコの味なので家族もおいしいと絶賛。

コスパ最高のチョコでおすすめです。

おわりに

久々のバレンタインチョコはベルギー産でした。

来年は、このチョコがねらい目ですね。

500円を切るのは、やっぱり「安い」のひとことです。

安くておいしいベルギーチョコは意外にも身近なところで手にはいるのですね。

タイトルとURLをコピーしました