汗まみれの営業パパを強くしてくれた小物のブランド力とは?

世界には多くのブランドが存在しています。ブランドには力があります。どんな力があるのでしょうか?

人生を変えたブランドの魅力とは・・・

営業ですり減った靴とヨレヨレのスーツ。早朝から晩まで汗まみれになり営業車で駆け回っていました。

あるひょんなことから、「体力があって酒が強かった」ので韓国の営業担当をすることになりました。突然で驚きました。初めての国なので不安でいっぱいです。

成田空港から大韓航空で韓国プサンの金海国際空港に降り立ち、空港から中心部までタクシーを飛ばしました。

現地で出迎えてくれたのは、大手企業の金理事(日本では取締役)でした。その後、交流会がありホテルで豪勢な会食になり驚きました。本場の韓国料理です。

日本の理事は、ビジネスホテルに泊まるの?

金理事に「今晩はどこにお泊りですか?」と聞かれました。

「東横イン釜山に予約しています」と言ったら「そうですか・・・」と金理事の専用車ベンツでプサン駅前の東横インまで送迎してくれたのです。

出張は経費節減でビジネスホテルと決まっていたのです。仕事だから、東横イン釜山にしたのでした。営業マンには十分なホテルです。

それから、1年がたち、韓国語も話せるようになってきました。

同じ役職でも、レベルが違う韓国の理事

自分は日本では営業担当だったから、普通の安月給のサラリーマンです。韓国での肩書は現地法人の理事(取締役を韓国では理事という)です。

立派な肩書ですが、仕事をする上で名刺に必要だろうからと、お情けで役職をもらったのです。国際文化にうとい日本企業のせめてものお餞別なのです。

はじめて現地で知ったことがあります。

韓国企業の理事職は普通のサラリーマンではありません。厳しい受験競争を勝ち抜き、国立ソウル大学等を卒業し海外留学で学位取得、年収2000万円~4000万円の韓国を代表するエリート役職です。

英語も中国語も日本語も流暢に会話します。

メガネやネクタイのどれ一つ見ても、シックでおしゃれなブランドなのです。すご~いパワーを感じます・・・

男性役員も、エステに通っている。

さらにエステに通っています。顔にシミやほくろ一つないキレイな肌をしているのです。韓国では男性もエステに通っています。ビジネスのために、キレイニしているのです。

自分も同じ職位の日本人理事です。韓国の企業から見ると日本企業を代表する同じ職位の理事なのです。

韓国では対等な役職者が対応する。

交渉では、こちらの肩書が理事なら、先方も理事が出てくるのが礼儀なのです。相手は年収数千万円の理事、こちらは年収数百万円のサラリーマン理事です。年収では勝負できません。

その時、初めて気が付いたのです。それこそが韓国のビジネス文化なのです。だから、それなりに対等ないで立ちが必要なのです。

一方、初対面の時や食事に行くと年齢を聞かれます。1歳でも年上なら、敬われまます。お酒も先に口にします。年上が先なのです。

ホテルからバージョンアップ!

理事のホテルは「東横イン釜山」ではダメなのです。最低「ロッテホテル」で、通常は「海雲台のパラダイスホテル」当りが一般的です。

ソウルでは、「グランドインターコンチネンタル」か「マリオット ソウル」等が一般的です。

それ以来、交渉のときは高級ホテルを利用しました。先方がホテルまで高級車で迎えに来るからです。日本の本社に文化の違いを理解してもらうのが大変でした。

「東横イン釜山」にリムジンを横付けしていただいても良いのですが、日本の理事がランクが低いホテルに泊まっているのでは交渉もそれなりなのです。

日本の営業時代は、年末に社内で売れ残って放置してあったビジネス手帳をもらって使っていたのですが、日本の理事がPR用無料の手帳と100円のボールペンでは・・・

時計はカシオの見るからに安い1万円もしないソーラー時計でした。そこで、またまた気が付いたのです。

韓国 プサン 海雲台

これから、数千万以上の商談を韓国企業相手にする日本の理事なのに、これでは勝負にならない。

決心して、勝負する時がきました。

家計が火の車の中、ママが数十万円どこからか用意してくれました。この時はこころから感謝しました。

初めに商談で使う手帳を買いました。5万6千円のヴィトンです。

ヴィトンの手帳です。重いのですが、これをテーブルに出して交渉します。
ヴィトンの手帳です。重いのですが、これをテーブルに出して交渉します。
釜山のロッテデパートでイニシャルを入れてもらいました。(右はし)
ソウルで購入。釜山のロッテデパートでイニシャルを入れてもらいました。(右はし)

契約の時サイン用のペンも買いました。パイロットの2万円のものです。

国産のブランドで日本製の万年筆とボールペン。ケースは北海道砂川の手作り。
国産のブランドで日本製の万年筆とボールペン。ケースは北海道砂川の手作り。

ペンケースは北海道砂川で競馬用の馬具を作っている会社の手作りのものです。しっかりしています。

韓国でのビジネスなので、スマホはサムスン。靴は3万円前後。腕時計は「アルマーニ」を用意しました。この他にビジネスバック等が加わっていきます。

アルマーニで安い部類ですが、日本ではちょっと似合わない・・・ 日本では、セイコーにしました。
アルマーニで安い部類ですが、日本ではちょっと似合わない・・・ 日本では、セイコーにしました。

ママから借りた数十万円をブランドの小物に自己投資しました。「厳しいですが、自腹です」日本企業は、その辺がまだまだ分からないのです。

そこから、転機が訪れたのです。

そこそこのブランドを身に着けてのビジネス交渉は、「こちらに気持ちのゆとり」が出てきます。その場は同じ土俵なのです。

ビジネス交渉が次から次へと展開して行きました。現地にビルを用意するまでに成長し、最後の1年と少しは釜山にマンションを借りて居住しながらの仕事でした。ママに借りたお金も無事戻すことができました。

2年間で、50回以上成田―ソウル・釜山を往復し、年間200日以上は現地での仕事でした。現地法人の設立まで実現したのです。

小物のブランド力

小物のブランド力があったからこそ、現地のトップと気持ち的にも同等な立ち位置で渡り合う事ができたのです。役員からご自宅に招待して頂いたことも数多くありました。

当初は、これだけで十分勝負が出来たのです。日本から役員を招いての会食、ホテルでの打合せ、契約や協定のサイン等で使いました。ボロボロです。

でもシンプルですが使い込むほど、味が出てきます。

モチベーションが上がるブランド力

スーツやネクタイ、靴は、戦う時の鎧のようなものです。小物は刀や剣の様なものです。それが戦いの場でヨレヨレでは、初対面で勝負が半ば決まったようなものです。

韓国の「独特の営業スタイル」の話でした。

アメリカや東南アジアでは、また違った気軽でフランクなスタイルがあります。後日、ご紹介したいと思います。

1つブランドの小物を紹介します。

今回、父の日にプレゼントしてくれた小銭入れです。 小銭入れって、なかなか無いのです。

「Whitehouse Cox」の小銭入れです。2万1600円の小銭入れです。

事前に何が良いか希望を聞かれました。すかさず「小銭入れ」を頼みました。小銭入れを紛失してから、1年間持っていなかったのです。

Whitehouse Cox S1941 BRIDE NAVY
Whitehouse Cox S1941 BRIDE NAVY  とても使い易いです。まだ、ワックスが・・・

財布は長財布や二つ折りなど、選ぶのが大変です。父の日だから恐らく高くても5千円位でと期待していました。

ところが、それを上回る2万円超もする小銭入れです。 不思議とブランドの小銭入れを、じっと見ているだけでもハンドメイドの作りにうっとりします。

その上カードや札も入り、とても使い易いのです。久しぶりに大喜びしました。言い表せませんが贅沢な気分になりました。

元気が出てくるのです。不思議ですね。ブランドって。

まとめ

初めは、仕事上で必要があって購入したブランド商品です。

でも、こうしてプレゼントとして頂くのは、別のよろこびがあります。ブランドの威力は人間に活力と喜びを与えてくれて、併せて「運」も呼び寄せるのですね。

これからも一生大事に使って行こうと思います。プレゼントには、2~3万円の小銭入れ、買えそうで買えないから、嬉しいのです。最高ですね。

なお(ライター@naoblog33.com)