エアコンの設定温度28℃を誤解すると熱中症になるかも?

役立つ情報とグッズ
この記事は約4分で読めます。

冷房を使う時の適温は28℃といわれてきました。これはそもそも何が28℃なのかを改めて説明します。エアコンの設定温度28℃を誤解して設定していると熱中症になるかもしれません。

環境省が平成17年から地球温暖化対策のため、冷房時の室温を28℃にすることを推進してきました。室温を28℃で快適に過ごせる軽装や取組を促すライフスタイル「COOLBIZ(クールビズ)」を推進していることはだれしもご存知のことです。

スポンサーリンク

室温を28℃に設定するとは?

そもそも環境省の説明によると次の通りで「事務所衛生基準規則」という法律で決められていたのです。なので事業者向けの話です。

労働安全衛生法の「事務所衛生基準規則」抜粋
第5条第3項(空気調和設備等の調整)
事業者は、空気調和設備を設けている場合は、室の気温が17度以上28度以下及び相対湿度が40%以上70%以下になるように努めなければならない。

引用:環境省のホームページより

平成17年に(財)省エネルギーセンターが実施した実験があります。

上着を脱いでネクタイをはずすと体感温度が2℃下がる」という実験で首都大学東京大学院の石野久弥研究室に依頼して行ったものです。

その結果、室温28℃時の「軽装」と室温26℃時の「スーツ」の温熱感はほぼ同じなので着衣量をコントロールすれば体感温度を下げる工夫ができるということです。

要は、室温が26℃でもスーツを着ていれば28℃に感じるし、軽装なら28℃でも26℃に感じるという理屈なのです。

良く考えると、感じ方は人によって違うのでこれを同一に扱うところに問題があるかもしれません。

そこで環境省は以下のように説明を付け加えているのです。

例えば、冷房の設定温度を28℃にしても、室内が必ずしも28℃になるとは限りません。そういう場合は、設定温度を下げることも考えられます。「クールビズ」で呼び掛けている「室温28℃」は冷房の設定温度のことではありません。
つまり、室温28℃はエアコンの設定温度では無いということです。

エアコンの設定温度を28℃にしたら・・・

ここまでの説明で理解できたと思うのですが、決してエアコンの設定温度を28℃にすることではないのです。

8月の猛暑の時にエアコンの設定温度(最新のエアコン)で28℃に設定して室温を計ったことがあります。午後2時の暑い時間帯で外気温37℃、室温31℃でした。

エアコンの設定温度を28℃にしたから安心していると、実は室温は知らない間に30℃を超えている場合があるということです。

これはとても危険なことです。

設定するのはあくまでも室温であり、エアコンの設定温度ではないのです。室温を28℃にするのはエアコンの設定温度はもっと低くすることも必要なのです。

24℃まで設定温度を下げて初めて28℃まで下がりました。

注意が必要なのです。

人それぞれの体感温度は違う

人は体の体温を調整しています。その説明を環境省のホームページから引用します。

人間は、体内で発生させた熱を外部環境と熱交換を行って、体温の調整を行っています。この熱交換に影響を与える要素は、温熱環境要素と呼ばれ、「代謝量」「着衣量」「気温」「熱放射」「風(気流)」「湿度」の6 要素が挙げられています。

(出典:環境省ホームページ http://www.env.go.jp/air/report/h16-13/02.pdf

人によって代謝量も違うし、着衣量も違います。なので体温を調整する室温も変わってきます。

つまり、人によって室温の設定温度は同じ28℃ではないこともあり得るということです。

大事なことは、室温はエアコンの設定温度でもなければ室温の設定温度でもないのです。あくまでも28℃が体感されるかどうかということです。

28℃の室温でも、人によっては代謝量が大きく事情があって着衣量が多い時は28℃よりも低い室温にすることが必要なのです。

エアコンの設定温度28℃で熱中症にならないために

エアコンで室内の温度を下げるには28℃にこだわるのではなく、体感温度も気にしながら設定することが重要です。

部屋の温度が28℃になっているかどうかは、部屋に温度計を置いて測ることが大事です。リモコンの温度計はパソコンでネット配信の気温だけでは、実際の部屋の室温がわかりません。

快適と思われる室温に設定することが大事ですね。

決して28℃で無理はしないことです。

おわりに

冷房を使う時の適温は28℃といわれてきました。これはそもそも何が28℃なのかを改めて説明しました。

エアコンの適温28℃を誤解して設定していると熱中症になるかもしれませんので注意しましょう。

タイトルとURLをコピーしました