イタリアのトイレ事情とホテル

役立つ情報

イタリア旅行に行くとトイレ事情が違うので戸惑うことがあります。イタリアのトイレの使い方を紹介します。

海外旅行で一番気になるのがその国のトイレではないでしょうか。

スポンサーリンク

イタリア旅行では、トイレ事情を把握しておきましょう。

イタリアのホテルではトイレはこの写真の様になています。

この写真はホテルのトイレですからこの様にしっかりと設備が整っているのです。

左上に見えるタオルは、用を足した後にビデで洗います。その後にお尻を拭くためのタオルです。

これで手を拭いたり顔を洗った後に拭いてはいけませんね。

左の白い洗面台の様なものがビデです。右の白いのが便器です。

日本人がよく間違えるのは、左のビデで手を洗ってからその上のタオルで拭くという動作をすることだそうです。

難しいのは、左のビデの使い方です。

やってみると分かりますが、上手くあそこに命中させるのが慣れないと難しいのです。

日本では洗浄機能が付いたものが自動で洗浄してくれますが、イタリアのは自分で蛇口をひねって、そこにお尻を持っていって洗うのですから、失敗すると大変なのです。

しかし、ビデのところまでお尻をどの様に向けて洗うのかを想像すると大変おかしくなってしまいます。

スポンサーリンク

ミラノのレストランで入ったトイレ

イタリアのミラノの観光で立ち寄ったレストランです。

そこで入ったトイレの話です。

トイレに入ったら、フタも座面も無いのです。

故障かと思い、別のブースを空けても同じなのです。

どうすりゃいいの?

イタリアの一般的な街中のお店のトイレは、フタも座面もありません。いったいどのようにしたらよいのでしょうか?

腰を浮かして、するのでしょうか・・・

日本から来られたご婦人方の会話では、相当に努力をして腰が痛くなったと言っていました。

イタリアでトイレに入るということは、便座もフタも無いことがあるのです。覚悟してトイレに入りましょう。

おわりに

イタリアのトイレ事情を説明しました。

ホテルではトイレのビデの使い方をしっかりと確認されてから旅に出ることをおすすめいたします。

また、市内観光の途中でトイレに入る場面があると思いますが、便座のないトイレがあることを頭に入れてからご利用下さい。

なお(ライター@パパ家事)

♪日本旅行のイタリア特集♪
タイトルとURLをコピーしました