イタリアのお風呂事情とホテル

役立つ情報

イタリアの南にあるナポリから北イタリアのミラノまで旅してきました。イタリアは初めての旅です。

その旅の中で日本と違うことがありました。それはお風呂事情でした。


スポンサーリンク

イタリアのお風呂は、少し日本と違います。

日本では、バスタブからお湯があふれたり、シャワーのお湯が飛び散ったりしても床に排水口があり、排水できるようになっています。

ビジネスホテルのシャワールームでも、ちゃんと排水口が付いていて溢れたお湯が流れる様にできています。

しかし、イタリアのお風呂には、排水口がありません。

バスタブにお湯をはって入浴していた友人が、ビジョビジョになってそのまんま助けを呼びにお風呂から飛び出してきました。

床一面が水びだしになっていました。

スポンサーリンク

イタリアではお風呂に入るという習慣がない

イタリアの文化ですね。お風呂に入る習慣がないのだそうで、シャワーも時々のようです。

つまり大げさな排水口は不要というわけです。シャワーで飛び散った少しばかりの水をふき取ればそれでOKなのでしょう。

ホテルのバスタブの横に、一応水の飛び散りを防ぐガラスがあるのです。

しかし、ガラス板の幅が狭いのでシャワーを浴びても、外に大胆に飛び散ります。

これはベネチアの近くのヒルトンです。

バスタブの外に排水口がありませんので、外にこぼすと床がビジョビジョになってしまうのです。

日本のホテルのつもりでシャワーを浴びると大変なことになってしまいます。

バスタオルで床にこぼれたお湯をふき取りました。

旅行中は連れの友人がシャワーを浴びる度に、床をバスタオルで掃除することが多く、大変なお風呂を体験しました。

来る日も来る日もバスルームの床にはバスタオルを敷いてから、シャワーを浴びる様になりました。

つれの友人は湯舟に浸からないと落ち着かないようで、旅の最後には注意する習慣ができてきました。

イタリアからの観光客

イタリアから来日した観光客も、きっと日本のお風呂を見て驚くでしょう。

イタリア人と出会ったら、その文化の違いをよく説明してあげましょう。

お湯がたっぷりと入ったお風呂、いやバスタブをどの様に感じるのでしょうか?

お風呂に入るというスタイルが無いためホテルの構造も違います。

日本からイタリア旅行に行ったら水びだしに注意してシャワーをあびましょう。

なお(ライター@パパ家事)

なお(ライター@naoblog33.com)

タイトルとURLをコピーしました