豊橋のどうあん「わらび餅ラテ」が密かな人気のわけとは?

トピックス
この記事は約3分で読めます。

わらび餅ラテが根強い人気があり、その理由を紹介します。

愛知県豊橋にある、どうあんというお店の「わらび餅ラテ」というドリンクが有名になっています。わらび餅とラテとの組み合わせに興味があり調べてみました。

愛知県豊橋の「どうあん」で人気が出ているドリンクなのです。豊橋市民に人気があり、年代を越えて「わらび餅ラテ」のファンが多いそうです。

わらび餅ラテを次の項目で紹介します。

その①:「 わらび餅ラテ」とは?
その②:「わらび餅ラテ」の説明
その③:わらび餅ラテで「西尾抹茶」
スポンサーリンク

その①:「 わらび餅ラテ」とは?

タピオカミルクティーの様に、ストローからわらび餅がスルスルとお口にはいってくるようで、とても興味があります。

あの、美味しそうなわらび餅がラテによく似合うのです。

なぜでしょうか・・・

豊橋市にある「どうあん」(童庵)

販売している店は、愛知県豊橋市にある「どうあん」(童庵)というお店なのです。

店名:どうあん( 童庵) 
所在地 :豊橋市大橋通2-150-1

豊橋は遠いので、とりあえず調べてみました!

どうあんの「わらび餅ラテ」は、3種類ありました。

その中から好きな味を選べるのです。

どうあんのInstagramでは、「黒糖きな粉」、「西尾抹茶」、「いちご」の3種類が紹介されていました。

黒糖きな粉:500円  西尾抹茶:500円  いちご:550円

どうあんのInstagramには、わらび餅ラテの説明がこのようにかいてあります。

その②:わらび餅ラテの説明

わらび餅をパール状にし、黒糖きな粉、西尾抹茶、いちごの3種類の味をミルクでラテに仕上げました。粒あんをのせ、豆乳に変更も出来ます。

引用:堂安のサイト

わらび餅がタピオカのようになっているのか?

パール状とは、キラキラとキレイなのでしょうね!

まずは、豊橋のどうあんで「わらび餅ラテ」を飲んでみたいですね!

どうあんの「わらび餅ラテ」は、飲むのか食べるのか・・・両方が楽しめそうです!

「わらび餅をパール状」という事は、真珠のようなわらび餅がスルスルっとストローを登ってくるのでしょうね・・・

その③:わらび餅ラテで「西尾抹茶」

わらび餅ラテの中の一つに「西尾抹茶」という種類があります。

西尾の抹茶は有名ですね。

西尾は全国生産量約20%を占める日本有数の抹茶の里なのです。

その歴史は文永8年(1271年)創建の実相寺境内に、その開祖・聖一国師がお茶の種を播いたことに始まり、740年を超すのですね。

わらび餅ラテには、本物の抹茶を使っている!

「わわび餅ラテ 西尾抹茶」には本物の西尾抹茶が入っているのだそうです。食べたいです~・・

どうあんの「わらび餅ラテ」は地元の豊橋で年代を越えて大人気なのです。

魅力があるという事ですね。

豊橋の地元で味わえるドリンクなのです。

豊橋のどうあんの「わらび餅ラテ」は地元で味わえるというのです。

年代を超えた人気の秘密はそこにあるようです。

おわりに

わらび餅とラテという組み合わせが、とても新鮮なドリンクですね。

しかも、愛知県豊橋で販売されている貴重なドリンクなのです。

人気のわけが理解できました。

タイトルとURLをコピーしました