浄水器は意味ない?1年間使ったメリット・デメリット

自宅で蛇口に浄水器を取り付けても意味ないのでしょうか?

水道水をきれいにする浄水器の効果はあるのでしょうか?

この記事では浄水器をキッチンに取付けて1年間使ってそのメリットデメリットをまとめました。

これから浄水器を検討する参考にしてみてください。

浄水器を取り付ける

ニトリのシステムキッチン 浄水器付きシャワー水栓
ニトリのシステムキッチン 浄水器付きシャワー水栓

キッチンに浄水器付きシャワー水栓を取り付けることにしました。

理由は、30年近く使ってきたキッチンがいたるところ壊れてきたので、1年前にリフォームしたからついでに浄水器を取り付けました。

下の写真はリフォーム前のキッチン・シンクで浄水器は使っていませんでした。

30年近く使ったキッチン 水道水はそのまま使っていた
30年近く使ったキッチン 水道水はそのまま使っていた

キッチンは、いつも利用しているニトリが販売している「ニトリのシステムキッチン」にしました。お値段以上というキャッチフレーズ通りで工事も含めて満足しています。

このシステムキッチン「セレクトプラン:幅2700mm」は価格が税込で369,000円です。浄水器のついているシャワー水栓です。

工事費はキッチンの照明等の電気工事も含め約40万円(古いキッチンの廃棄を含む)で約80万円の値段です。工事は2日間で終わりました。

浄水器付きシャワー水栓
浄水器付きシャワー水栓

リフォームでは妻の要望で取り入れたのが「浄水器付きシャワー水栓」です。

理由は、奥さんたちの口コミです。水道水を浄水するとご飯がおいしくなり、飲み水がおいしくなるから取り付けた方がよいという情報からでした。

浄水器付きのシャワー水栓だと、定期的にフィルター交換が半年に1回約8千円が必要になるので、ぼくは水道水で間に合うと言ったのですが、最終的に奥さんの要望で取り付けることにしました。

浄水器は意味ないのか?

浄水器付きシャワー水栓はINAX製です。
浄水器付きシャワー水栓はINAX製です。

システムキッチンを新しくリフォームしてから1年が過ぎました。やっぱり新しいシステムキッチンは良く研究されていて30年前に比べると使いやすさが進歩しています。

「浄水器付きシャワー水栓」は、浄水にするときは水栓の先についているボタンを押して使います。フィルターはパイプの中にセットして使います。

また、お湯を出すときは使わないようにとの注意があったので、水だけで使います。

浄水器付きシャワー水栓とフィルターセット
浄水器付きシャワー水栓とフィルターセット

たまにボタンを切り替えるのを忘れて、浄水の時にお湯を出していたり、水道水だと思っていたら浄水になっていたりと、慣れるまではそんなことも度々ありました。

水道の水栓から直接浄水が使えるので、意外と使いやすいと思います。

この浄水器を取り付けても意味ないのでしょうか?

1年間記録を取りながら「浄水器は意味ないのか?」を検証してみました。メリット・デメリットも見えてきました。

はじめに浄水器を取り付けたメリットとデメリットをまとめました。

浄水器のメリット

さて、導入前は贅沢だと思っていた「浄水器付きシャワー水栓」なので、節約の意味でもはじめはお湯や飲み水などに1日に5リットル程度で使っていました。

しかし、すぐにお米の洗浄や野菜の洗浄にも使い始めました。その後は一気に浄水に変わり、洗い物だけが水道水となりました。

メリット1.水が使い放題

お米の洗浄と炊飯でも使う
お米の洗浄と炊飯でも使う

水道水と違うのは、無味無臭というかクセのないまろやかな感じの水です。

メリット2.お茶もご飯もおいしい!

浄水でお米を洗浄してから浄水で炊飯器で炊くと出来上がったご飯はふっくらとしていて、香りもよく別物といっても過言ではありません。

また、特に美味しくなったのは「緑茶」です。お茶が本当に美味しく感じるのです。

メリット3.マイボトルの水がおいしい

外出する時は新型コロナも影響もあり、お水を水筒に入れて持ち運んでいます。浄水ならば、あの水道水の塩素の臭いがしないのでおいしく飲めます。

でも浄水には消毒用の塩素が除去されているので、早めの飲み切らないと雑菌が増えることもあるので注意が必要です。お湯ならば問題はないです。

浄水器のデメリット

浄水器は水道水をろ過するのでフィルターが汚れます。そのため半年に1回交換することになります。

デメリット1.水の出が悪くなってくる

フィルターは半年使うとこのくらい汚れます。

新しいフィルター(上)、半年使ったフィルター(下)
新しいフィルター(上)、半年使ったフィルター(下)

ぼくの地域の水道水は特に問題はないのですが、半年でこんなにもフィルターが汚れています。水道水に含まれるコケ、ゴミ、不純物等が除去されていることが分かります。

フィルターできれいな水になるのですが、汚れてくると水の出が悪くなってきます。でも交換すると出はよくなります。

デメリット2.フィルターが高い

浄水器は使い勝手がいいのでフィルターを定期購入することにしました。フィルターは半年で1回交換します

問題は、フィルターの料金は約8,000円と高価です。宅配で定期的に送ってくれます。

デメリット3.温水・冷水がない

浄水器を取り付けてせっかくおいしい水に浄水するのですが問題があります。

温水と冷水がないのです。

冷たい水を使ったり飲みたい時は、浄水した水を冷蔵庫で冷やす必要があります。

またカップ麺など浄水の美味しい水で作りたい時にお湯を沸かす必要があります。

水道水ウォーターサーバーがおすすめ

今回は、キッチンのリフォームを通して「浄水器付きシャワー水栓」を取り付けた体験を紹介しました。

その結果は、水がおいしくなったのですがフィルターの交換が思ったより高価なことと、温水と冷水がないことはちょっと不便だと実感しました。

この問題を解消するのが浄水器に温水と冷水の機能がついた「水道水ウォーターサーバー」です。

特におすすめしたいのが2022年7月に発表された最新のウォータースタンド「アイコン(icon)」です。

出典:ウォータースタンド 最新のアイコン

理由は、エコモードではなく通常モードで常時冷水と温水が使えて電気代が月518円。その上国内トップクラスのフィルターで99.5%の不純物除去率を持っているからです。しかも幅18cmのコンパクトな卓上型でキッチンにも無理なく置けます。工事費も無料。

使い放題で定額4,400円/月はかなりお得な浄水型のウォーターサーバーです。

公式ページでアイコンを見てみる

まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございました。

本記事では、キッチンのリフォームで浄水器を取り付ける、浄水器をどのように使ったのか?、浄水器を1年間使ってみた感想、について紹介いたしました。

浄水器があると飲み物やご飯、料理がおいしくなります。一度浄水器を使ったらもう普通の水道水にはもどれません。

水道水をろ過する水道水ウォーターサーバー10社の料金と浄水能力の比較をまとめたので、参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました