お風呂【鏡の汚れ】を落とす簡単な方法

お風呂で毎日自分を映し出す「鏡」。気になるのは、その汚れです。年数がたってくると、白いうろこの様な模様がついてなかなか落ちません。この汚れを落とす方法を紹介します。

鏡の汚れの原因は2つあります。

水垢と石鹸・洗剤のカスが原因です。2つの原因を説明します。

お風呂の鏡の水垢

原因1:水垢

鏡の表面を指で触るとざらざらと感じたり、鏡の表面をタオルで拭いてもなかなか取れないうろこ状の白い汚れがあります。

これこそが水垢です。水垢の正体は、水道水の中に入っている、カルシウムやケイ素、マグネシウム等のミネラル成分が原因なのです。

鏡についた水滴が乾燥するとそのミネラル成分だけが残り、結晶になってこびりつきウロコ状の汚れの水垢ができます。

原因2:石けん・洗剤のカス

石けんやシャンプーを使ったときに洗剤カスが鏡に飛び散ります。そして飛び散ったまま放置して乾燥すます。

すると、そこに含まれている脂肪酸成分と水道水にはいっているミネラル成分とが結合して「石鹸カス」が生まれます。この石鹸カスが、鏡を汚している原因となるのです。

原因がはっきりしたところで、取り除く方法を説明します

水垢・石鹸カスを取る方法

定番の方法

水垢の付いたがが身を水で濡らします。次に、水で湿らせた柔らかいスポンジにお風呂用洗剤をつけて一定方向に軽くこすっていきます。この一定方向にこするのがポイントです。

水垢が頑固になってるときはそれでも取れません。次の手段はクロスなどの目の細かいを水で湿らせたからクリームクレンザーをつけて軽く拭きとります。最後に水でクレンザーをしっかりと流して、乾いたタオルで水分をふき取れば完成です。

クレンザーは鏡のコーティング面を傷つけることもあるので使用しない方が良いです。

なお、鏡の水垢を防ぐには、入浴後に鏡表面についた水滴をきちんとふき取っておくことをおすすめします。

酢を使う方法

水垢の元になっている水道水のミネラル成分はアルカリ性です。なので酸性である酢を掛けると中和してよごれを落としやすくなります。

中和するのに少し時間を要しますが、結構効果があります。植物由来の酢なので環境には優しいと思います。

汚れの状況により、早ければ10分位、かなり頑固な汚れだと丸1日はかかります。

準備として、酢と水を半々に混ぜて、スプレー用のボトルに入れておきます。

汚れているところにスプレーで酢をかけて、ティッシュペーパーを貼りつけます。その上からスプレーで適度に酢をかけて放置します。

状況を見てきれいになったらティッシュを取り除き、水で洗い流して乾燥したタオルで水分をふき取り完了です。それでもまだ汚れが残っていたら、数回繰り返します。

これは水洗トイレの手洗いの水垢を取る時にも効果がありました。

まとめ

酢を使う方法は、中和させて汚れを落とす作業なので時間がかかります。しかし、自然に優しい方法なのでよく使っています。

毎日、入浴後にしっかり乾燥させて水分を取り除くという手入れをしていれば、汚れも半減すると思います。

しかし、現実には忙しくてそんな手間をかけている時間は無いのですが、そこは努力してみましょう。あとあと楽になりますから。

なおパパ