お風呂の鏡の水垢をお酢で落とす方法

家事をやろう!

お風呂の鏡にうろこ状にこびりついた白い汚れ。

お風呂掃除でなかなか落とすのが難しい水垢を、お酢でスッキリキレイに落とす方法を紹介します。

スポンサーリンク

鏡の水垢の原因は2つ

お風呂の鏡の汚れは水垢と石鹸・洗剤のカスが原因で、なかなか落とすのが難しいのです。

鏡が汚れる2つの原因を説明します。

お風呂の鏡の水垢
スポンサーリンク

第一の原因は水垢

お風呂の鏡の表面を指で触るとざらざらと感じたり、表面をタオルで拭いてもなかなか落とすのが難しいうろこ状の白い汚れが目につきます。

これこそがお風呂の敵「水垢」です。

水垢の正体は、お風呂で使う水道水の中に入っている、カルシウムやケイ素、マグネシウム等のミネラル成分が主な原因なのです。

お風呂の鏡についた水滴が乾燥するとそのミネラル成分だけが残り、結晶になって表面にこびりつきウロコ状の水垢ができます。

第二の原因は、石けん・洗剤のカス

お風呂で石けんやシャンプーを使ったときに洗剤カスが鏡に飛び散ります。

そして飛び散ったままお風呂から出て放置すると鏡の上で乾燥します。

すると、そこに含まれている脂肪酸成分と水道水にはいっているミネラル成分とが結合して「石鹸カス」が生まれます。

この石鹸カスが、お風呂の鏡を汚している第二の原因です。

原因がはっきりしました。

今回は落とすのが難しい水垢に焦点を当てて説明します

水垢をお酢で中和して落とす方法

水垢の元になっている水道水のミネラル成分はアルカリ性です。

なので落とす方法はお酢を使うことです。

酸性であるお酢をかけるとアルカリ性の成分が中和して簡単に落とすことができます。

バカに出来ないお酢の効果

お酢で中和するのに少し時間を要しますが落とす効果があります。

お酢は植物由来なので環境には優しいのです。

汚れの状況により、早ければ10分位で落ちます。かなり頑固な水垢だと落とすのに丸1日はかかります。

酢50%と水50%をスプレーで吹きかける。

準備として、お酢と水を半々に混ぜて、スプレー用のボトルに入れておきます。

鏡にスプレーでお酢をかけて、ティッシュペーパーを貼りつけます。その上からさらにスプレーでお酢をかけて放置します。

状況を見て鏡の水垢が落ちてきれいになったら、お酢のついたティッシュを取り除きます。

残っているお酢を水で洗い流して、乾燥したタオルで水分をふき取り完了です。この段階で水垢は、ほぼ落とすことができていると思います。

それでも鏡にまだ水垢が残っていたら、数回繰り返してお酢をかけて落とすのです。

是非、お酢の効果をお試し下さい。

・・・・・

その他の方法

スポンジとお風呂用洗剤で一定方向へ

自宅にあるお風呂用の洗剤とスポンジで水垢を落とします。

お風呂の水垢の付いた鏡を水で濡らします。

水垢を一定方向にこする

次に、水で湿らせた柔らかいスポンジにお風呂用の洗剤をつけて鏡に上を一定方向に軽くこすって水垢を落とすのがポイントです。

丁寧に根気よく落とします。

それでも、水垢が頑固だと落とすことができません。

次の方法になります。

最終手段、クロスとクレンザー

最終的な手段は目の細かいクロスを水で湿らせてからクリームクレンザーをつけて鏡の上から水垢を軽く拭きとり落とす方法です。

最後に鏡に残ったクレンザーをしっかりと流して、乾いたタオルで鏡の水分をふき取れば完成です。

クレンザーは鏡のコーティング面を傷つけることもあるのでなるべく使用しない方が良いです。

あくまでも頑固な水垢を落とす場合に使う方法です。

まとめ

お風呂の鏡についた白いウロコ状の水垢をお酢で落とす方法を紹介しました。

ポイントは、お酢50%水50%のスプレーを作る事です。お酢で中和して落とすので環境にやさしい方法だと思います。

落とす方法はいろいろ紹介されていますが、お酢を使う方法は予想以上に効果がありますので、是非お試し下さい。

水垢の予防は、お風呂に入ったら入浴後にしっかり乾燥させて水分を取り除くという手入れをしていれば、手間がかかりますが水垢は半減しますね。

それでも水垢を落とすのが難しい場合は、最終手段としてお風呂のウロコ取り専用のクリーナーを使いましょう。

■お風呂の鏡のウロコ取り洗剤を見てみる。>>> Amazon

なお(ライター@パパ家事)

タイトルとURLをコピーしました