お風呂の『追い焚き』と『入れ替え』はどちらがお得か?雑菌にも要注意

家事をやろう!
この記事は約6分で読めます。

お風呂の「追い焚き」と「入れ替え」はどちらがお得かを比較し紹介します。毎日入るお風呂は安く上がることだけで判断すると「雑菌」という意外な落とし穴もあります。

お風呂を沸かす料金は水道料金とガス料金さえ分かれば簡単に計算がすることができます。

お風呂は毎日入るとすれば、年間では水道代とガス代の合計は結構な料金になります。なので、一般家庭では出来るだけ節約して入浴することを心がけます。

初めにお風呂の沸かし方で「追い焚き」「入れ替え」の比較をします。追い焚きとは、お湯を入れ替えないで前回に足し湯をして沸かし直すこととします。一方「入れ替え」とは前回のお湯を全て捨てて新しお湯をはることとします。

この「追い焚き」と「入れ替え」の水道料金とガス料金を計算し比較します。

スポンサーリンク

お風呂のガスボイラーの特徴

追い焚きと入れ替えはどちらがお得?
追い焚きと入れ替えはどちらがお得?

最初にお風呂のお湯を沸かす「ガスボイラー」について説明します。

皆さんのお宅にあるガスボイラーはほとんどが自動で給湯、追い焚きなどが可能なタイプだと思いまうす。四角いボックスタイプでお風呂の近くの外に設置されている機種です。

今回は、このガスボイラーを使った場合を想定して進めて行きます。

スポンサーリンク

お風呂は「追い焚き」より「入れ替え」の方が時間が早い

一般的なお風呂のガスボイラーは、「追い焚き」より「入替の方」が短時間でお風呂のお湯を適温、適量にします。

「追い焚き」する時間より、全て捨ててから新しく「入れ替え」したほうがかかる時間が短く、特に寒い冬の水道水が冷たい時、残り湯が冷たくなった時はその差を歴然と感じると思います。

理由は、新しくお風呂のお湯を「入れ替え用ボイラー」の方が「追い焚き用のボイラー」より火力が大きいからです。

そのため、「入れ替え」はお風呂のお湯が短時間でいっぱいになり入れる状態になるのです。追い焚きより早く入浴できるのです。

お風呂1回分「入れ替え」の水道料金とガス料金の計算

まずはお風呂1回分を新しく入れ替えた場合の水道料金とガス料金の計算をしてみます。

そのためには、水道料金の単価とガス料金の単価を知る必要があります。

基礎になる水道料金とガス料金の単価

水道料金の単価は次の通りとします。

水道単価
・水道水単価 1L:0.24円 
・水道水を1分間出すと:12L(2.88円)

ガス料金の単価は次の通りとします。

ガス料金の単価および熱効率
・都市ガス 基本料金750円、1㎥:314円
・13Aの燃焼量:45メガジュール/㎥(10,755kcal/㎥)
・1メガジュール:239.006kcal)
・ガス給湯器の熱効率:約80%
・水1Lを1℃上げる熱量:1Kcal/L

「入れ替え」の水道料金とガス料金の合計は「205円」

お風呂を1回新しく「入れ替え」した場合に水道料金とガス料金の合計はいくらかかるのか計算します。

気温や水の温度、お湯の量などで金額は変わりますが、概算金額を知っておきましょう。

お風呂の条件は次の通りです。一般的な家庭用のバスタブ200Lとしています。

浴槽に入れるお湯の量:200L (一般平均)
水道水温:20℃(6月上旬は24℃位ありました)
お風呂のお湯の温度:42℃

以下計算です。水道料金とガス料金に分けて計算しました。

入れ替えの水道料 48円
200L × 0.24円/L= 48円

入れ替えのガス代 157円

20℃の水200Lを42℃にする熱量の計算
200L ×(42℃ー20℃)× 1kcal/℃L = 4,400Kcal

4,400Kcalのガス代 *熱量を使用料㎥に換算。
4,400Kcalの熱量をガス量㎥に比例式で換算します。
4,400Kac:●㎥ = 10,755Kcal :1㎥
●=4,400Kca・㎥÷10,755Kcal
●=0.4㎥
4,400Kcalは、ガスは0.4㎥が必要となります。
しかしガス湯沸器の効率は80%なので
実際は、0.4/0.8=0.5㎥のガス量が必要となります。
その金額は、
●0.5㎥ × 314円/㎥ = 157円

計算の結果、「入れ替え」では水道料金が「48円」、ガス料金が「157円」です。

合計すると1回の入れ替えの料金は「約200円」です。

1回お風呂を全部の水を捨てて、新しいお湯に入れ替えると、1回約200円程になるのです。

・・・・・・・

「追い焚き」の水道料金とガス料金の合計は「164円」

追い焚きする場合は通常は前回お湯を使っているので足し湯をします。

足し湯では通常一般的に1回あたり水道水30Lを使います。水道料金は約7円ほどです。

次に追い焚きの場合のガス料金を計算します。

この場合、前日のお湯が冷めきった場合を想定するとお湯が沸くまでのガス量は、お湯を入れ替えした場合と同じ熱量がかかるのです。良く考えると「同じ量の水をお湯にするから」これは当然のことですね。

入れ替えのガス代 157円

20℃の水200Lを42℃にする熱量の計算
200L ×(42℃ー20℃)× 1kcal/℃L = 4,400Kcal

4,400Kcalのガス代 *熱量を使用料㎥に換算。
4,400Kcalの熱量をガス量㎥に比例式で換算します。
4,400Kac:●㎥ = 10,755Kcal :1㎥
●=4,400Kca・㎥÷10,755Kcal
●=0.4㎥
4,400Kcalは、ガスは0.4㎥が必要となります。
しかしガス湯沸器の効率は80%なので
実際は、0.4/0.8=0.5㎥のガス量が必要となります。
その金額は、
●0.5㎥ × 314円/㎥ = 157円

結果、「追い焚き」は「入れ替え」より41円安い

追い焚き  入れ替え 
水道料金30L 7円300L 48円
ガス料金157円157円
合計164円205円

差は水道料金で、「1回41円の差」というところでしょうか。

おせっかいな話ですがお風呂は毎日お湯を交換しますか?

お風呂の入れ替えについて

お風呂には雑菌が繁殖すると言われています。

ではお風呂でどの位雑菌が繁殖するかを調査した結果が報告されていますので紹介します。

お風呂の雑菌の繁殖は、翌日には1,000倍になります。

「新しく入れ替えた」お湯のお風呂に、2人が入浴した直後には雑菌がなっているそうです。

そして翌日には1,000倍に増殖しているとの事です。

雑菌が増殖したからといって、お風呂の雑菌で命を落としたという話はまだ聞いたことがありません。

しかし、それだけ雑菌が増加するとなると、お風呂のお湯は最低でも2日に1回は入れ替えした方が清潔ですね。

お風呂のお湯の温度では「新型コロナウイルス」は不活性化(ウイルスが死ぬこと)しないので、出来れば、毎日入れ替えしたいものです。

でも、1回41円の差が出ますが、お財布を相談してフレキシブルに対応して行きましょう。

まとめ

お風呂の追い焚きと入れ替えでは、追い焚きの方が1回41円ほど水道料金が安くなることがわかりました。

ただし、追い焚きの時は、翌日に雑菌は1,000倍に増えているので、できれば毎回、入れ替えた方が良いですね。

なお(ライター@パパ家事)

タイトルとURLをコピーしました