水道水のお湯がまずい!おいしいお湯にする方法

水道水を沸かした「お湯」がまずい!お湯がおいしくなる方法はないのでしょうか?

実は水道水を沸かしたお湯でもおいしさが実感できる方法があります。お湯がおいしくなると料理も飲み物のおいしさもアップします。

普段使うお湯だからたっぷりおいしく使う方法を紹介します。

お湯は生活でよく使う

普段の生活のなかでは冷水よりもお湯をよく使います。お茶やコーヒー、インスタント食品、カップ麺、赤ちゃんのミルク作り、料理など多くの場面で活躍します。そのお湯がおいしく感じないことはありませんか?

日々使うお湯だからおいしく、たっぷり使いたいものです。

水道水をそのまま沸かすお湯はまずい

しかし、水道水をそのまま沸かしたお湯はおいしく感じないことが少なくありません。日本の水道水は世界でもトップクラスの水質で安全です。その理由は水道法でしっかりと安全性をチェックしているからです。日本中どこでも安全な水道水が飲めます。

でも水道水をそのまま沸かしたお湯がまずく感じるのはなぜでしょうか?

その原因は水道水に含まれている殺菌用の塩素の影響があります。その他マンションなら老化した水道管や貯水タンクの汚れなどの不純物が考えられます。季節が暑くなると取水地で藻が発生することもおいしさに影響を与えると言われています。

世界トップクラスの日本の安全な水道水をおいしいお湯にする方法を紹介します。

お湯をおいしくする方法

水道水に殺菌用として含まれている塩素・カルキ臭を除去する方法はさまざまです。

例えば昔ながらの方法で一晩汲み水として置いて塩素を除去。あるいは水道水を10分以上沸騰を続ける方法。ほかにはレモンを入れて臭いを消したり、冷蔵庫で冷やしてカルキ臭を感じなくする方法など・・・

このように様々な方法が昔から検討されてきました。そしてお金をかけずにおいしいお湯を作ってきました。

しかし、現代では忙しくてゆっくりおいしいお湯にする時間はありませんよね!

この問題を解決する方法には2つあります。

ペットボトル水を使う方法

ひとつはペットボトル水をスーパーで安く購入して使う方法です。激安店でもペットボトル水は2リットルで100円程します。

1日に料理や飲み物でペットボトル水を4リットル使うと200円で、1か月なら単純計算でも6千円になります。1日たった4リットルで済むはずがありませんね!

さらにお湯にするため沸かす必要があります。ちょっと手間がかかります。

もうひとつは「浄水器を水道に取付ける」方法です。

ダントツのコスパ「浄水型ウォーターサーバー」を使う方法

そこで登場するのが「浄水型ウォーターサーバー」です。水道に直接つないで使うウォーターサーバーです。このタイプの最大のメリットは使う水が安全で激安の「水道水」です。どれ位激安かといえは1リットル当たり0.24円程度です。

10リットル使っても2.4円で世界トップクラスの安全な水が使えるのが最大のメリット。

この浄水型ウォーターサーバーは水道水から不純物を除去しておいしい水を作ります。さらに浄水器でありながらウォーターサーバーの機能があるので「おいしいお湯がいつでも好きなだけ使える」メリットがあります。もちろん冷水もふんだんに使えます。

ぼくが今までの経験からおすすめするのは「ウォータースタンド」です。10万台の実績を持つウォータースタンドは自治体が取り入れるほどの信頼性があります。ウォータースタンド社の「ボトルフリープロジェクト」です。

水道の蛇口に取付ける簡易型浄水器とは違います。浄水する水量も浄水能力(不純物99.5%除去)も高いです。売れ筋の「ウォータースタンド・ネオ」の場合はレンタル料月3,850円(税込)だけで、お湯も冷水も常温水も使い放題です。

激安店のミネラルウォーター1日2本買う6,000円より、ウォータースタンドならお湯と冷水、常温水が使い放題で3,850円だからダントツに安く毎日使えます。

おいしいお湯を使うにはダントツのコスパなのでおすすめです。公式サイトからチェックしてみてくださいね。

公式サイト ウォータースタンド

まとめ

普段の生活だからこそおいしいお湯が飲めて広く使いたいものです。昔ながらの方法では多忙な現代では時間がありません。

そこで安全でおいしいお湯を安く使い放題にできるのが浄水型ウォーターサーバーです。これからの時代は安全な水を生活においしく取り入れるのが必須となるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました