世界トップクラスの日本の水道水。なぜ日本人は水を買うのか?

お水の悩み

日本の水道水は世界でもトップクラスのキレイで安全な水質を誇っています。

それなのに、なぜ日本人は水を買うのでしょうか?

本記事では

  • 日本の水道水は世界トップクラス?
  • なぜ日本人は水を買うのか?
  • 水道水をおいしく飲む方法

について紹介します。

キレイで安全な水はこれからのスタンダードですね。

スポンサーリンク

日本の水道水は世界トップクラス?

日本の水道水は全国どこに行っても蛇口から出して飲んでも健康に悪い影響を及ぼすことはありません。その理由は、日本では世界と比較してもかなり厳しい検査基準がありそれをクリアしているからなのです。その検査基準とは水道法第4条という法律に定められています。

その基準は「51項目の水質基準」「26項目の水質管理目標設定項目」があります。これらの厳しい基準をクリアしなければ水道水とは言えないのです。

水道水は、蛇口から出してそのまま飲んでも健康に影響はありません。味やにおいに関しては、それぞれ感覚によるところもありますが、無味無臭という方もいればカルキ臭もあるので苦手という方もいます。

とはいえ不純物の含有量が0ではありません。厳しい基準によって管理されてはいるものの、水道水を飲んでも健康に害はないというレベルまで抑えているということです。

なぜ日本人は水を買うのか?

厳しい水道法により基準をクリアした水道水が飲めるのに、なぜ最近の日本人は水を買うのでしょうか?スーパーやコンビニで買うことができるミネラルウォーター(天然水)が一般的です。

日本人が水を買うようになったのは、1980年代に入ってからとなります。歴史としては、ずいぶん最近のことですね。その理由は日本は飲料水には恵まれていたからです。温暖な気候により森林などの自然環境にめぐまれているため、飲み水に困ることがありませんでした。

しかし、1950年~1970年代には公害で水の安全性に不安が出たり、高度成長期という好景気の時代には日本人は健康志向へと向かいます。そして、1980年代になると富裕層の間で「水の安全」や「健康志向」のためにウォーターサーバーの設置がはじまるのです。

1994年の日本は、記録的な猛暑で深刻な水不足となり多くの地域で給水制限が行われました。それまでの歴史の中で、日本では「水をお金で買う」というのはごく一部だけで一般の市民にはまだ浸透してはいませんでした。しかし、どうしても水の確保には「安全な水を買う」ということになっていくのです。

東日本大震災が発生した2011年を境に状況は一変します。原因の一つに「放射能汚染」があり、現在も続いている不安です。放射能による汚染は「水道水への不安」にもつながっていきました。その結果、「安全性の高い水を買う」ことが一気に庶民の間に普及しました。

日本人が水を買う行動が顕著になった背景には「水道水への不安」「安全性の高い水を買う」ということがキッカケのひとつだったのですね。

水道水をおいしく安全に飲む方法

日本の水道水はご説明したとおり安全に飲める厳しい基準をクリアしています。しかし水道水が安全でも途中水道水が通って蛇口まで到着する間に汚れることがあります。

それは水道水が通る水道管が古くなったことや水道水を貯める貯水タンク、貯水槽の問題です。古くなって錆びたり、あるいは清掃管理があまかったりすることで落ち葉が入り込んだり、カビや藻が生えたり、あるいは鳥や小動物が入り込んだり死骸が浮いていたりすることもあります。

もともと安全な基準をクリアした水道水ですが、このような理由により不純物が混入しているリスクも否定できません。また水道水を殺菌するために使う塩素が残っている「残留塩素」により臭いや味がおいしく感じないこともあります。お湯を沸かす時に発生する「トリハロメタン」などの有害物質の発生の可能性もあります。

水道水を安全においしく飲むには、ひと手間加えることで安心して飲むことができます。どうしたら安全においしく水道水をのめるのか対処方法を以下に紹介します。

  • 水道水をよく沸騰させる方法
  • 水道水を1日空気にさらす方法
  • 水道水にレモンを入れる「裏ワザ」
  • 水道水を冷蔵庫で冷やす「裏ワザ」
  • 水道水を浄水する方法

昔からよく行われている方法が沸騰させたり、1日空気にさらす方法です。また裏ワザではレモンを使う方法や冷蔵庫で冷やす方法でいやな臭いの対策、そして確実に不純物を除去するには浄水する方法もあります。

詳しく知りたい方は、お手数をおかけしますが下の記事を参考にしてみてください。

まとめ

今回は近年なぜ日本人が水を買うようになったのかを考察してみました。そこには最近ならではの理由がありまとめると以下のポイントとなります。

  • 水道水への不安がある
  • 安全性の高い水を求めている
  • 健康志向で良質の水を求めている

自然災害やその他の影響などにより安全な水を確保したいという心理が働いて、水を買う行動につながっているのではないかと思います。

しかし、実際に水道水には汚れがあったりいやな臭いがしていることもあるので、目に見える対策をすることが安心につながりますね。最近、水道管のつなぎ間違えの問題も長年気が付かずに使っていたことも判明したことは記憶に新しいと思います。自分でしっかり対策することも重要です。

最近話題となっているのが水道直結型の浄水サーバーがあります。ご興味のある方はご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました