断捨離で出た衣類の活用!超簡単に「座布団」を作る方法

家事とくらしの知恵

断捨離で出た衣類を活用する方法はないのでしょうか?

素材としては使える衣類の使い道はないのでしょうか?

本記事では

  • 断捨離で出た衣類の処理?
  • まだ使える衣類の活用・再利用
  • 暖かい座布団の作り方

について紹介します。

いつでももとに戻せるので便利な方法です。

スポンサーリンク

断捨離で出た衣類の処理?

家の中で不要になったものを片付ける「断捨離」を決行!

すると衣類がかなり出てきました。今までは「リサイクル」や「資源ごみ」として廃棄していましたが、今回は再利用できないものかと考えました。

その理由は「SDGs」の考え方でした。持続可能な開発目標の中にある「作った責任・使う責任」というあの項目です。

SDGs 作る責任・使う責任

目標12 [持続可能な消費と生産]:作る責任使う責任、持続可能な消費生産形態を確保する。
Ensure sustainable consumption and production patterns

出典:外務省国際協力局 http://www.mofa.go.jp

持続可能な消費と生産の「消費」に目を向けました。

一度買った衣類を持続可能な使い方にチャレンジしようというものです!

まだ使える衣類の活用・再利用

そこで衣類を廃棄せずに大きな袋に入れて保管して、使えるものは再利用しようと考えました。

冬の寒い時期を迎えるので暖かい座布団などを作ってみようを思いました。

理由は、足腰の健康のため部屋を1階の和室から2階の洋間に移動したのす。洋間は床が冷たいから暖かい敷物というか座布団が欲しかったからです。

廃棄する衣類を並べてみたら、セーター、Tシャツなどが使えそうです・・・・

暖かい座布団の作り方

セーターとTシャツを使って暖かい座布団を作ることにしました。

材料はこれ!

  • 夏の半そでTシャツ 1枚
  • 古いセーター 1着
  • 薄手のセーター 1着

作る手順

完成した古着座布団
  1. Tシャツを座布団外側のカバーにする
  2. Tシャツの中に、折りたたんたセーター2枚を入れる
  3. Tシャツにセーター2枚を入れたら、平らに伸ばして完成

これだけで座布団になります。

中にセーター2枚が入っている
中にセーター2枚が入っている

セーターもTシャツもカットしたり糸で縫い合わせたりしないので、また別のものに再利用ができます。

また非常事態で着るものが必要な時は座布団を戻せはセーターとTシャツになるので再利用ができます!

使ってみた感想

これは使えます!

Tシャツが床の置いてあるので、家族がびっくりしましたが、説明すると笑っていました!

のです。Tシャツの大きさは座布団に丁度いいのです。あぐらをかいて座るとおしりと足が全部乗っかります。

なにせセーターが入っているので、おしりが暖かいのです。

不要なら折りたたんでおくことも可能です。

折りたたんでおくこともできます。ちょっと座るのにもいいです。
折りたたんでおくこともできます。ちょっと座るのにもいいです。

この方法はセーターがTシャツの中で動いたり崩れたりしないので安定した座布団になります。

中に詰める衣類は気温により調整したり季節によって入れ替えてもいいですね!

まとめ

断捨離で出た衣類を再利用して暖かい座布団を簡単に作る方法を紹介しました。

廃棄するのもいいですが、使えるものはアイデアを駆使して新しい機能をもった役立つものに変身させることも楽しいです。

靴下の再利用でスマホネックストラップを作ることもできます!

タイトルとURLをコピーしました