炊飯器保温は電気代が高い?安くする方法

家事をやろう!
この記事は約3分で読めます。

炊飯器保温を使うと電気代が高くなると聞きます。また、炊飯器保温の代わりに電子レンジ使うと省エネ効果で電気代が安くなる方法があります。電気代のデータをもとに紹介します。

炊飯器でご飯を炊いた後は普通は炊飯器保温で暖かさを保ちます。しかし、気になるのは保温を長時間しているときの電気代です。一方、炊飯器でご飯を炊いたら保温を切って、食べる時だけ電子レンジで温めて食べる方法の方が電気代は安いという口コミがあります。

スポンサーリンク

炊飯器保温は電気代が高い理由を調べる

そこで、保温をするのと、保温を切ってしまい食べる時に電子レンジで温めなおすのと、どちらが省エネになるかを比べてみることにしました。

この計算は、経済産業省の資源エネルギー庁(https://www.enecho.meti.go.jp/)のデータを参考にしています。

スポンサーリンク

炊飯器保温と電子レンジ併用でのテスト

お米を3合を炊飯器で炊いて暖かいご飯を食べる2つの方法を比較をしてみました。

第1の方法は、炊飯器で3合を炊いて炊き上がったらすぐに1.5合を食べます。残りのごはんは炊飯器保温で4時間保温します。その後残りの1.5合を食べる場合です。

2つ目の方法は、炊飯器で3合を炊いて炊き上がったらすぐに1.5合を食べます。その後、炊飯器保温を切ります。そして好きな時間に電子レンジでご飯を温めて1.5合を食べる場合です。

2つの実験を分かりやすイラストで表現すると以下のようになります。

炊飯器で保温の場合 消費エネルギー300.60Wh 電気代約6.61円 電子レンジで温め直しの場合 消費エネルギ−285.27WH電気代約6.50円
出典:経済産業省資源エネルギー庁

炊飯器保温を切って、好きな時に電子レンジで温める

資源エネルギー庁が試算したデータが公表されています。それによると、電子レンジで冷えたご飯を温め直した方が0.84円の節約になるようです。1日4時間の炊飯器保温で0.84円節約なので8時間なら1.68円です。

これはあり得ませんが30日間で1日8時間保温すると、50.4円になります。

実生活では10時間とか14時間も保温していることがあります。夕方炊飯器でご飯を炊いて、翌実の昼まで保温していることもあります。

電子レンジ併用で年1,000円の電気代節約

2日で3回ご飯を炊いた場合を想定すると、年間で約548回ごはんを炊きます。1回4時間の保温で0.84円の差ですから年間では約460円となります。これが4時間ではなく8時間だったら2倍の約920円です。

たかだか年間1,000円弱の省エネですが無駄な消費は極力なくすことが必要ですね。食べたい時に電子レンジで温めておいしく食べた方が長時間保温するよりも安いのです。

炊飯器保温の省エネのポイント

電化製品は必要な時だけ使うのが省エネのポイントです。炊飯器一つだけでもこれだけ違うのです。

食べる時間にあわせて炊き上がるようにタイマー予約を上手に使うと省エネになります。面倒ですが、食べるお米の量を余らないように計って食べきるようにセットするのが賢い食べ方にも繋がります。

炊飯器保温の時間が長くなると風味が悪化し電力の消費も増えます。長時間の保温は、美味しくなくなります。なかなか難しいけど、食べキリが理想的ですね。

炊飯器は5.5合炊きなら3合が最も美味しく炊けるようです。一回で多く炊くより、2回に分けて炊いて食べきる方がおいしく食べれるのです。

また炊飯器を使わないときは、プラグをコンセントから抜きましょう。これがなかなかできないのです。コンセントを抜くとタイマーがリセットされたりすることがあるからですが、最近のはコンセントを抜いても設定が保存されているようです。

おわりに

炊飯器保温を使うと電気代が高くなり、代わりに電子レンジ使うと省エネ効果で電気代が安くなることがわかりました。

省エネは、本当に小さな積み重ねなのですね。でも、慣れると面白くなってきます。電気代やガス代、水道代も無駄な分が無くなるだけ生活にもプラスになります。省エネは、楽しく努力することですね。

タイトルとURLをコピーしました