炭酸水の超簡単な作り方!マシンを使わず自分で作る方法

炭酸水
この記事は約3分で読めます。

炭酸水ダイエットや炭酸水をお風呂に入れて利用する方は少なくはありません。

でも、問題は炭酸水にかかるお金です。

毎回炭酸水ボトルをコンビニやスーパーで買っていたら結構な金額になってしまいます。

一方、炭酸水を作る専用マシンを導入しても、安くはありません。

炭酸水の専用マシンを使わないで、簡単に作る方法はないのでしょうか?

この記事では

・炭酸水専用マシンを使わない作り方
・炭酸水を作る時の注意点
・炭酸水の利用方法

について紹介します。

炭酸水を安く自分で作る方法と、人気の利用方法もわかります。

スポンサーリンク

炭酸水専用マシンを使わない作り方

冷水を使って簡単に炭酸水を作る
冷水を使って簡単に炭酸水を作る

炭酸水を自分で作る方法は、いたって簡単です。

小学校の理科で習った方法が基本なので、大人なら簡単に炭酸水が作れてしまいます。

はじめに材料をそろえましょう。

材料
・冷水:250ml
・食用クエン酸:小さじに半分
・食用重曹:小さじに半分

材料が手に入らない方は、Amazonで買えます。

大洋製薬 食添クエン酸 618円
・NICHIGA 国産重曹 890円
*金額は、2021年7月1日現在の参考価格です。

作り方は以下の通りです。

炭酸水の作り方

(1)冷水に、適量のクエン酸を入れてかき混ぜて溶かします。

(2)次に重曹を入れます。

これだけで、簡単に炭酸水ができてしまいます。

材料は全て食用なので安全です。

作り方のポイント

冷水は水道水でも問題はありません。

トリハロメタンや汚れ、塩素を除去したキレイな水で作りたい方は、水道水を以下の処理をしましょう。

水道水をよく沸騰させてから、冷まして、冷蔵庫で冷水にしてから使えば、おいしい炭酸水ができます。

もっとおいしい水道水にする方法は以下の記事を参考にしてみてください。

水道水をもっと美味しく飲む3つ方法!裏ワザも紹介

炭酸水を作る時の注意点

材料の分量は、必ず守って作ってください。

必ず冷水を使ってください。

良く冷えた水は、炭酸ガスを良く溶かします。水温が高くなるほど炭酸ガスが逃げていきます。

作り置きする場合は、必ず強度のある炭酸水が入っていた ペットボトルを利用してください。

ペットボトルは冷蔵庫で冷やしておきましょう。

クエン酸と重曹を使って炭酸水を作ることで、クエン酸ナトリウム(塩分)が作られます。

そのため、少ししょっぱく感じます。

飲み過ぎると塩分取りすぎになるので注意しましょう。

目安はコップ2杯程度です。

炭酸水の人気な利用方法

人気があるのが炭酸水のお風呂です。

様々な効果が期待されているようです。炭酸ガスが含まれていると、とっても身体が温まります。

入浴剤で炭酸ガスを浴槽に溶かして入る商品もありますよね。

浴槽に、クエン酸大さじ1杯、重曹大さじ2杯程度を入れるだけでOKです。

換気をわすれずに。

炭酸水を作るための水道水

水道水を浄化する浄水器や水道水ウォーターサーバーを使えば、お湯を沸かして塩素を除去する手間が省けます。

ぼくは水道直結の浄水器を使っていますが、浄水の他に、野菜やコメを洗ったりととても便利です。

水道水浄水サーバー「ウォータースタンド」を見てみる。

ウォータースタンド

いろいろな炭酸飲料を作りたい場合

炭酸水だけではなく、お酒やソフトドリンクを炭酸飲料に変える場合は、やはり炭酸水マシンがあると便利です。

参考に人気の炭酸水メーカー「e-soda(イーソーダ)」の公式サイトです。

公式サイトをみてみる

まとめ

ここまで「炭酸水の超簡単な作り方!マシンを使わず自分で作る方法」について紹介しました。

紹介した方法は、お金がかからずに簡単に作れます。

たくさん炭酸水を使う時、あるいはカップに1~2杯程度を飲む場合は、超簡単に炭酸水が作れるので、ぜひチャレンジしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました