ウォーターサーバー「置き場所」ベスト3!意外に便利な場所も紹介

この記事は約5分で読めます。

ウォーターサーバーはとても人気があり、最近はご家庭に導入するケースが急増しています。

その理由のひとつには、「お家時間の増加」「在宅勤務」「リモートでの仕事」などが多くなったことです。

家にいる時間が多くなれば、水を飲んだりコーヒーを入れたり、あるいは料理をしたりする機会が増えますね。

そこで、人気が出たのがウォーターサーバーで、いま急増しているのです。

ウォーターサーバーはそんなに小さくはないので、どこに置いたらいいのか悩んでしまいます。

ある調査資料では、主婦に人気の場所が3つあるというのです。

この記事では、ウォーターサーバーの種類と置き場所について解説します。

置き場所が気になっている方は、ぜひ読んでください。

ウォーターサーバーの種類で置き場所が決まる?

ウォーターサーバーには、3つの種類があります。

一般的にはどこでも置けると説明があり、その通りで置けないことは無いと思います。

実は、使いやすい場所があるのです。ウォーターサーバーの種類によって、最適な置き場所があるといっても過言ではありません。

ウォーターサーバー3つの種類

ウォーターサーバーの仕組みの違いで、次のように3つの種類に分けています。

  1. 宅配水のウォーターサーバー
  2. 水道直結のウォーターサーバー
  3. 水道水を補充するウォーターサーバー

宅配水のウォーターサーバーは宅配で届けられた水のボトルをサーバーにセットして使うタイプです。水ボトルは通常12リットルあるので、重さも12kgもあります。重いので宅配で届けられて保管する場所に近い方が使いやすいのです。

このタイプは、基本的に100Vの家庭用コンセントがあれば、置けない場所はありません。

水道直結のウォーターサーバーは、水道の蛇口やキッチンのシンクの下にある水道管につないて使うタイプです。

水道の蛇口に近い場所で大体5m位の範囲に設置するのが一般的です。中には、ウォータースタンド のように30mも離れていても大丈夫な機種もあります。

設置場所は、水道につなぐ工事が必要なためキッチンに近い場所が多いようです。

水道水を補充するウォーターサーバーは、本体のボトルに自分で水道水を補充して使うタイプなので、100Vのコンセントがあればどこでも設置できます。

大きめのコップのような容器に水道水を汲んで、サーバーまで運んで補充するため、場所を選ばないメリットがあります。代表的なサーバーには、ハミングウォーターがあります。

参考にしてみてください。

このように、3種類のウォーターサーバーは基本的な置き場所に注意することが大事です。

置き場所ベスト3!

主婦に人気の設置場所とは次の3か所です。

  1. キッチンラックや食器棚の横
  2. 冷蔵庫の横
  3. リビング

キッチンラックや食器棚の横は、一番人気の使いやすい便利な場所です。

キッチンの中では、料理や飲み物に使う時でも、サーバーの水を鍋に入れたり、野菜を洗ったりするので主婦にとっては最適なのです。キッチンラックや食器棚の横が便利な理由です。

冷蔵庫の横は、ウォーターサーバーが冷蔵庫の横にあると、ついつい甘いジュースに手が伸びるところをウォーターサーバーがあるので、おいしい水を選ぶようになります。

これは、お子さんばかりではなく。大人のダイエットでも同じことが言えます。また、冷蔵庫の横はデザイン的にもいい感じになります。

リビングは、在宅時間が増えたり、テレワークでリビングで休んだり、お酒を飲んだりするときに便利なのです。最近のウォーターサーバーは、とてもおしゃれなデザインなのでリビングに置くとインテリアにもなります。来客の方にも満足してもらえます。

それ以外のベストな場所がある?

ウォーターサーバーがいくらスリムで細いといっても、それなりに大きさはあります。

ウォーターサーバーをキッチンやダイニング、あるいはリビングに置くのがベストなのですが、もうひとつ人気の場所があります。

そこは「寝室」です。

「寝室で水を飲むのか?」と不思議に思う方が多いと思います。

しかし、よく行動を確認してみると意外にも寝室は重要な水飲み場なのです。

第一に

「朝起きたら、健康のためにコップ一杯の水を飲む」

「熱中症予防のため、夜寝る前にコップ一杯の水を飲む」

「お酒を飲んだ夜にはのどが渇き水を飲む」

などがあります。

マイボトルで水をベッドの横に置いて寝ることもあるほどです。

さらに、意外とコンセントが空いてるのも寝室です。

寝室はウォーターサーバーには都合がいいのです。

但し、ウォーターサーバーの安い機種は、保温や冷水を作るコンプレッサーの音が冷蔵庫程度でるので気になる方は事前に音を確認することをおすすめします。

静音設計のサーバーもありますので寝室はそちらを選ぶといいと思います。

ウォーターサーバーを選ぶ時に、ある程度知識を持って探すと選ぶ失敗がなくなります。

ウォーターサーバをもっとよく知りたい方は、以下の記事を用意しましたのでぜひご覧ください。

■ウォーターサーバーの種類を知りたい
【ウォーターサーバーの種類】をわかりやすく徹底解説!
■ウォーターサーバーの水の種類を知りたい
ウォーターサーバー【水の種類と特徴】を徹底解説!
■ウォーターサーバーの料金の仕組みを知りたい
ウォーターサーバー【料金の仕組み】を解説!13社の事例付 

タイトルとURLをコピーしました