メリットとデメリット「水道直結型ウォーターサーバー」の特徴

水道水のサーバー
この記事は約4分で読めます。

最近、水道水を使った水道直結型ウォーターサーバーが話題となっています。

宅配水のウォーターサーバーとも違い、水道の蛇口に取付ける浄水器とも違います。

水道直結型ウォーターサーバーとは、どんなものなのでしょうか?

どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

この記事では、

・水道直結型ウォーターサーバーとは?
・水道直結型のメリット
・水道直結型のデメリット
・水道直結型が向いている方

について、ご紹介いたします。


定額制で使いホーダイのお水、ウォータースタンド。

水道直結型ウォーターサーバーとは?

普通、ウォーターサーバーと聞けば、水のボトルが宅配で自宅に届き、それをセットして使うイメージがありますよね!

このタイプを「宅配水型」といいます。

実は、ウォーターサーバーには、もう一つの種類あります。

それは、「水道直結型」です。

水道直結型は、水道水とサーバーをつないで使うタイプなのです。

まとめると、水道水とサーバーをつないできれいに浄水するタイプです。

宅配型でもないし、浄水器でもない「新しいタイプ」のウォーターサーバーです。

水道直結型のメリット

水道直結型には、つぎの3つのメリットがあり大きな特徴となります。

(1)水ボトル交換が不要

大きな特徴は「水ボトルがいらない」ことです。

水道水から水を自動的に補給するので、いつでも十分につかえるのがメリットです。

また、水ボトルが不要なので宅配での受取や返却もありません

。最近は水パックを使い終わったら家庭ごみで廃棄するタイプがあります。

水道直結型には、その必要もありません。

(2)費用が安い

水道直結型は、月に3,000円~4,000円台の定額制です。

費用がとっても安いのがメリットです。

その他には、水道代・電気代がかかります。

水道代は東京都水道局の場合1リットル換算で0.24円です。

電気代は一般的に月800円~1,000円台です。

エコタイプもあり月150円程度の機種も出ています。

また、水道直結型ですがウォーターサーバーと同じ「冷水」「温水」が楽しめます。

「常温水」が使えるメーカーもあります。

(3)コンパクトな大きさ

水道直結型は、12リットルの大きな水ボトルが不要なので、大きさがとってもコンパクトです。

卓上型が一般的で、キッチンカウンターの上でも使うことができます。

水道直結型のデメリット

(1)初期費用が必要

水道直結型は、水道にサーバーをつなぐ簡単な工事が必要です。

設置するための初期費用が必要です。

初期費用がレンタル料金に含まれているメーカーもあります。

また、設置工事ができない場合もあるので事前の確認が必要です。

(2)フィルター交換が必要

浄水器と同じタイプなので、フィルターのカートリッジの交換が必要です。

タイミングは、年2回程度が一般的です。

専門スタッフが交換する場合と、フィルターを送ってもらい自分で交換する場合があります。

(3)備蓄に向いていない

水道直結型は、水道が止まると使えません。

災害などで断水が起きると使うことができませんが、サーバーに残っている水だけは使えます。

災害備蓄用に別に用意することになります。

備蓄に向いていないのがデメリットです。

(4)天然水ではない

水道直結型は、水道水の不純物を高い精度でろ過している安全な水です。

水道水を浄化して使うので、宅配水型のように「ミネラル豊富な天然水」ではありません。

とはいえ、一般的には水道水に含まれているミネラル成分は残しますので、まろやかな飲み口なので、ご安心ください。

ミネラル豊富が天然水をご希望の方には、おすすめできません。

水道直結型が向いている人

水道直結型のウォーターサーバーは、費用が安く水をたくさん使う方に向いています。

また、宅配水を受け取りたくない方、水ボトルの注文・交換・保管の手間を省きたい方にも、ぴったりといえます。


ウォータースタンドなら宅配不要、おいしいお水が使いホーダイ!

まとめ

ここまで、水道直結型ウォーターサーバーの特徴、メリット・デメリットをご紹介いたしました。

この記事のポイントは3つでした。

  • 水道につないで、冷水・温水が使える新しいタイプのウォーターサーバー
  • 卓上型コンパクトで料金は定額制で安い
  • 初期費用がかかる場合もある

これからウォーターサーバーを選ぶ方の参考に、13社のウォーターサーバーを一覧にしました。

宅配型もありますので、ぜひ参考にしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました