『20分のお風呂』はダイエット効果ある?消費カロリー計算方法

ダイエットと美容
この記事は約4分で読めます。
お風呂に20分入るとダイエット効果があると書いてあったのですが、本当でしょうか?毎日入っているのに体重は減らないです。
何か方法があるのでしょうか?
科学的に消費カロリーが分かる方法も知りたい。

この様な疑問向けの内容です。

記事では最初にお風呂に入った時の消費エネルギー計算方法を紹介し、次に効果的な入浴方法を説明します。最後にダイエット効果があるのかどうかを説明しますので参考にして下さい。

その1:20分のお風呂の消費カロリー
その2:消費カロリーの効果的な入浴方法
その3:ダイエット効果について

太る体質なのでいろいろなダイエットにチャレンジしました。失敗もありました。

毎日入るお風呂だからこそ、入浴方法と消費カロリーを知れば具体的なダイエットへとつながります。わたしはこの方法もルーチンに取り入れて毎日楽しんでいます。落とした体重を維持しています。

スポンサーリンク

その1:20分のお風呂の消費カロリー

お風呂に入った時にどれだけエネルギーが消費されるかを知る計算式です。一般的な計算式なので特に目新しいものではありません。

消費カロリー(kcal)=1.05×運動強度(メッツ)×運動時間(h)×体重(kg)

ここに数字を入れて計算すれば消費カロリーが分かります。数字で注意することは時間の値です。単位が(h)なので20分なら20÷60=0.33333・・・だから約0.3でもいいですね。目安を計算するだけなのである程度分かればいいのです。

運動強度(メッツ)

(独)国立健康・栄養研究所には身体活動のメッツ表があります。家事や運動や仕事など様々な場面での数字が閲覧できますので参考にして下さい。

改訂版『身体活動のメッツ(METs)表』 
出典:(独)国立健康・栄養研究所

この表によると、お風呂の場合は1.5METsです。

例えば体重50kgの人が20分入浴した場合の計算

消費カロリー(kcal)=1.05×運動強度(1.5メッツ)×運動時間(0.3h)×体重(50kg)

結果:23.6Kcal

いろいろな消費カロリーを計算してみると、意外に家事が消費することが分かります。ウォーキング以上に消費しますよ。

その2:消費カロリーの効果的な入浴方法

ダイエットではご存じの通り取入れらエネルギーと使うエネルギーのバランスで効果が決まります。

お風呂でダイエットするにはエネルギーを無理なく消費するようにセットすることで効果が出てきます。

その入浴方法を紹介します。

交換神経を上手に活動させるように入浴

普通に入浴しても効果は期待できません。交換神経を上手に活動させるように入浴します。

STEP1 半身浴で1分、肩まで2分のリラックス

お風呂の温度は41℃前後の温めのお湯で1分ほど半身浴します。ポイントは、徐々に体を慣らしていくことです。ゆっくりが肝心です。そして慣れたら、肩まで湯につかり2分ほどリラックスします。

STEP2 体を洗いましょう。約5分

STEP1で温まったら、湯船から出て体を洗いいましょう。ゆっくりと洗いましょう。5分ほどしたら、また湯船に戻ります。

STEP3 肩まで湯船につかります。約3分

お風呂ダイエットの中盤になりました。ここは、最高にリラックスする時間で3分ほど肩までつかります。3分間を有効に使いましょう。

STEP4 汗をかいたところで休憩 5分

ここまで来ると結構汗をかいてきたのではないでしょうか?5分ほど休憩を取ります。

STEP5 最後の入浴です。3分間

最後の入浴です。約3分ほど肩まで湯船につかります。

STEP6 クールダウン

入浴時間が終わったら、湯船から出てゆっくりクールダウンしましょう。

入浴でダイエットするときの注意

入浴前には、必ずコップ一杯の水を飲んでから始めましょう。この入浴方法はカロリーを消費します。概算ですが40Kcal程度になるので通常の入浴よりも消費エネルギーが大きいです。

高血圧や治療中の方は、医師と相談してから始めましょう。

その3:ダイエット効果について

ダイエットにつながる「交感神経」の働き人間の体には「交感神経」が張り巡らされています。

人間の体の仕組みを知ると、効果的な入浴方法が出来るのです。この「交感神経」は、運動によって活動が促進されるという特徴があるのです。

交感神経の活動が活発になると、体の中の血流が促進されて消費エネルギーが増えていくのです。

その結果、体内の余分な脂肪が燃焼されるのでダイエットにつながるという仕組みです。

おわりに

お風呂に20分入った時のダイエット効果について紹介しました。普の入浴だとなかなかダイエットは難しいですね。

メッツ表で科学的に消費カロリーが分かる方法も説明しましたのでいろいろ計算してダイエットの参考にしてくださいね。

にんにく卵黄売上日本一の実感力。「元気が目覚める」ベストセラー商品
タイトルとURLをコピーしました