たった20分のお風呂タイムで簡単ダイエット

ダイエットと美容
この記事は約4分で読めます。

毎日入るお風呂を有効活用すれば、ダイエットにつながります。

毎日入るお風呂だからこそ、入浴方法を知れば理想の体を手に入れることにつながります。

その入浴方法を紹介します。

スポンサーリンク

ダイエットにつながる「交感神経」の働き

人間の体には「交感神経」が張り巡らされています。

人間の体の仕組みを知ると、効果的な入浴方法が出来るのです。

この「交感神経」は、運動によって活動が促進されるという特徴があるのです。

交感神経の活動が活発になると、体の中の血流が促進されて消費エネルギーが増えていくのです。

その結果、体内の余分な脂肪が燃焼されるのでダイエットにつながるという仕組みです。

実は、交感神経は特に朝運動すると活動が活発になることが知られています。

「朝ダイエット」はこの体の仕組みを利用しているのです。(記事の最後に紹介)

スポンサーリンク

ダイエットのための入浴方法

お風呂の入り方次第でダイエットにつながるのです。

普通に入浴しても効果は期待できません。

交換神経を上手に活動させるように入浴します。

STEP1 半身浴で1分

お風呂の温度は41℃前後の温めのお湯で1分ほど半身浴します。

ポイントは、徐々に体を慣らしていくことです。

ゆっくりが肝心です。

そして慣れたら、肩まで湯につかり2分ほどリラックスします。

STEP2 体を洗いましょう。

STEP1で温まったら、湯船から出て体を洗いいましょう。

ゆっくりと洗いましょう。

5分ほどしたら、また湯船に戻ります。

STEP3 肩まで湯船につかります。

お風呂ダイエットの中盤になりました。

ここは、最高にリラックスする時間で3分ほど肩までつかります。

3分間を有効に使いましょう。

普段使わない「足の指」の運動です。

足の指を握ったり開いたりする運動です。

手で言うと「グー」と「パー」を繰り返すのと同じです。

両足指を一緒に20回ほどやると、結構運動になります。

STEP4 汗をかいたところで休憩

ここまで来ると結構汗をかいてきたのではないでしょうか?

5分ほど休憩を取ります。

ここで、ちょっと寄り道です。

この5分間で「足指のばし」運動をしてはいかがでしょうか?

足のばし運動の所要時間は約3分です。

この運動は、「世界一受けたい授業」で話題になったクリニックの院長である今井一彰先生が生み出した方法です。

毎日やるといいそうです。

ご高齢の方はもちろん、特に20~30代で始めるのが良いそうです。

腰痛やひざ痛、リウマチ、O脚・X脚などさまざまな症状が改善する効果があり1日3分間でできます。

なんと、足腰が20才若返ります^^

方法は、本が紹介されていますのでご覧ください。(記事の最後)

STEP5 最後の入浴です。

5分間休んだら、最後の入浴です。

約3分ほど肩まで湯船につかります。

ここまで来ると、だいぶ汗が出てきます。

入浴時間が終わったら、湯船から出てゆっくりクールダウンしましょう。

イスに座って足指のばしの続きでもいいですね。

入浴でダイエットするときの注意

入浴前には、必ずコップ一杯の水を飲んでから始めましょう。

この入浴方法は、かなりカロリーを消費します。

ウォーキングを30分したよりも3倍(約400kcal)くらい消費します。

かなりダイエットになります。

高血圧や治療中の方は、医師と相談してから始めましょう。

おわりに

世の中には様々なダイエット方法があります。

その中でもお風呂でダイエットする方法は、短時間に消費するカロリーが非常に多いのが特徴です。

なので、絶対無理をしてはいけません。

体調や血圧等のコンディションと相談して無理せずに行ってください。

記事中で書きました「朝ダイエットの方法」「足指のはし」運動を以下に紹介します。

朝ダイエットの方法

■「足指のばし」の書籍
『足腰が20歳若返る 足指のばし ー ゆびのば』(Amazonの書籍)

なお(ライター@パパ家事)

タイトルとURLをコピーしました