『梅干し作り』おいしくできる干しの時間と簡単な干し方

ヘルシー生活
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

梅干作り2年目です。

日本古来の簡単な方法で仕込んだ梅を
梅雨明けの7月下中に太陽が出た時を狙い約2時間位干しました。

この時点で、梅を漬けたビンの中の塩は全て溶けていました。

では梅干しの天日干しの方法です。

ホームセンターでザルを買いました。

梅を干すためのザルというか、干しざるというのを
買ってきました。

560円で50㎝の直径です。

こらなら、梅を一回で干せます。

太陽が2時間出たので、干しました。

6月25日に塩で漬けた梅は、そろそろ完成が近づいてきました。
梅雨明けの太陽が顔をのぞかせたわすか2時間ばかりですが、干しました。

梅雨が長く、7月22日の週には晴れ間があるかと期待しました。
しかし、さらに1週間はずれ込む予報です。

そんな中で、晴れ間が2時間程あったので、
思い切って梅を干しました。

白加賀梅で作った梅干は、柔らかくいい感じ!

手前のきれいに仕上がっているのは、白加賀梅で作った梅干しです。

やはり梅干には向いている種類なのです。ちょっと試食してみました。

ものすごく酸っぱいのです!

まだ若いので塩がなじむまでは、数カ月~1年は欲しいところです。

しかし、家族は出来上がりを待っていて、
昨年6月に作った梅干しは10月には食べきってしまいました。

1kgを4人で食べたらすぐになくなります。1kgは1人分です。

青梅で作った梅干しは、身が少なくかたい!

写真奥の方の、ちょっと黒っぽいのが青梅の梅干しです。

こちらは、とても硬いのです。

まるでリンゴの様です。
皮がパリパリとしていて、梅干かな~という感じです。

しかし、酸っぱいのはものすごいです。

来年は、やはり白加賀梅か南高梅がいいかな・・・

約1時間半干したそのおいしさは?

長年梅干を作っている方に聞きました。

すると「一般的には3日位一昼夜かけて干す」そうです。

しかし、2時間位の星時間でも味に違いや問題はなかったということです。

太陽の殺菌作用で、干すことで何年も長持ちするそうです。

1時間干したら、再度、梅酢の中に戻す。

干し終わったら、再度、梅酢の中にもどして、夏になったらまた干します。

8月下旬には、食卓並びます。

■昔ながらの梅干しの作り方を知りたい方は
細かく簡単に作れるように説明していますのでご覧ください。

>>>昔ながらの【酸っぱい梅干し】日本古来の作り方

なお(ライター@naoblog33.com)

タイトルとURLをコピーしました