お湯だけで頭を洗って3カ月目の感想「たまにはシャンプー」が気持ちいい。

お湯だけで頭を洗って3カ月目となりました。実際の感想とアドバイスを書きたいと思います。結果を先に言うと「たまにはシャンプー」もありです。

お湯だけで頭を洗うと、頭皮からの油分でしっとりする。

半世紀以上生きているのですが、お湯だけで頭を洗うことは初めての経験で勇気が必要です。

それって、ちょっと気持ち悪い感じがします。

それまでは、シャンプーでしっかりと頭皮の毛穴までしっかり皮脂や汚れを落としてきたからです。

お湯だけで、キレイなのか?

お湯だけで洗うということは、毛穴の汚れは毛穴につまった皮脂がちゃんと現れたのかが、まったく分からないのです。

どうなったかというと、頭髪を手櫛で何回かすくと、指にはかすかに頭皮から出た油分が付いてきます。特に臭うことはないのです。

ヘアクリームやトリートメントは要らない

自然の皮脂が頭髪をコーティングするので、特にトリートメントやヘアクリームは3カ月間使いませんでした。

指に着いた皮脂で、ガラス面が曇るか・・・

実際にやってみました。頭皮を指で数回マッサージ。それからその指をガラスに擦り付けてみました。

お見せできないのが残念です。(見たくもない実験ですみません!)

結果は、鏡に「ほほ」を付けた時にできる油の曇りよりも、もっと薄い感じの曇りです。

PCの光沢のあるディスプレイを指で触ると指紋が着きますが、それよりも薄い感じです。

なので薄っすらとした皮脂で頭皮が覆われている感じです。髪の毛はサラサラなのですがしっとりした感じです。

フケやかゆみはないのです。

フケが出た事はないです。かゆみもないから不思議です。このブログの別の記事で書きましたが、それまであった頭皮の湿疹というかボツボツが無くなったのは大きな変化でした。

抜け毛もみあたりません。

途中何回かシャンプーで洗ってみました。

いや~!「シャンプーはきもちいい」のです。洗髪後のスッキリ感はきもちいいです。

シャンプーは気持ちよすぎ!

しっかりと頭皮から皮脂がとれて、コリコリという感じでしょうか。髪の毛もシャンプーのトリートメントのせいか、スベスベに仕上がっています。

例えていうならば、革靴をクリーナーで表面の汚れをきれいふき取ったて、クリームを塗った感じです。

さらに、トニックとトリートメントで仕上げをすると、乾かした後がしっとりとキレイに仕上がりました。

ほんとうに、この気持ちよさは格別でした。

何日かお湯だけで洗ったら、時々シャンプー

こんな感じでやってみようと思いました。

お湯だけでも良いのですが、どうも原始人になったよです。森の奥に住んでいる自然に溶け込んだ人類の味がします。

そこで、たまには都会の空気(シャンプーで洗う)を吸っても良いのかなと思うのです(笑)

最先端の技術で開発された最新の「シャンプー」は、確かに気持ちいいし洗髪後もスッキリ感が実感します。

お湯だけなら頭皮が自然体になれる

一方、お湯だけで洗ったら「頭皮のボツボツ」が無くなったので、それはそれで捨てがたい効果です。以前のように「ギトギトした頭皮」にはならないのです。薄っすらと皮脂におおわれたごく自然なあたまなのです。

なので、たまにシャンプーを使ってスッキリとすることにしてみます。

なお(ライター@naoblog33.com)