白湯をすぐ作る方法。いつでも適温ですぐ飲めます!

白湯を作るには沸騰してからさらに弱火で10分火にかけるとできます。

白湯をすぐ作る方法はないのでしょうか?

今回はいつでも白湯がすぐ飲める方法を紹介します。

ヤカンで沸かしてさます手間がありません。

電子レンジではお湯がわかせても除去できなかった不純物。

いつでも適温の白湯を作る方法を紹介します。

白湯を作るのは時間がかかる

白湯(さゆ)を作るのは結構手間と時間がかかります。

そもそも白湯とはなに?

白湯とは水を沸騰させ続けたお湯や熱湯のことです。

一般的な白湯の作り方は、水道水を強火で沸騰させます。その後、弱火さらに10分程沸かし続けて作ります。

沸騰したあと10分も弱火で沸かし続ける理由は、殺菌や水道水に含まれる不純物を取り除くためです。

飲むときはそのままでは熱すぎて飲めないので、温度が50℃程になるまでゆっくり自然に冷まして飲みます。

水道水を入れて冷ますと速く冷めるのですが、せっかく不純物を除去したのにまた混ぜてしまうことになり、わざわざ手間をかけて白湯を作った意味がありません。

白湯を作る手順をまとめると次のようになります。

  1. お湯を沸騰させる
  2. その後、弱火で10分沸かし続ける
  3. 50℃まで自然にゆっくりさます

ヤカンで沸かしたお湯との違いは、白湯は沸騰したあと10分も沸かし続けて作るのですが、お湯は沸騰すればそこで使います。

ここが白湯とお湯のおおきく違うところです。

電子レンジを使って水道水を沸かすのは、実は「お湯」を沸かすのであり「白湯」ではないのです。

白湯をすぐ作る方法

白湯を作るのには時間がかかることが分かりました。

そこでご紹介するのが時間を掛けないで白湯を作る方法です。

それは水道水ウォーターサーバーを利用することです。

その理由は次の通りです。

  • 水道水から不純物を取り除いた白湯がすぐ使える
  • 水道水から不純物を除去した冷水がすぐ使える

つまり水道水ウォーターサーバーから出るのは「白湯」そのものなのです。

白湯を作るために沸騰させ、10分沸かす続ける理由は不純物を除去するためだから、この手間が不要になるのです。

水道水ウォーターサーバーから熱い白湯出し、すでに不純物が除去された冷水で温度を下げることができるのがメリットです。

いつでも白湯が作れるメリット

水道水ウォーターサーバーを使えば、24時間いつでも白湯が作れるメリットがあることがご理解いただけたのではないでしょうか。

白湯をすぐ作れれば楽になるので、赤ちゃんのミルク作りやダイエット・美容にも利用できます。

白湯を飲むメリットはいろいろあります。

温かい白湯を飲むことで内臓・体が温まり、血流の改善や体温上昇による免疫力強化などの効果が期待されています。腸の動きも活発になりデトックス効果(老廃物の排出)も期待できます。

また白湯を飲むと体温が上がり代謝向上につながるのでダイエット効果も期待されます。

白湯がすぐ作れる水道水ウォーターサーバーとは?

おすすめは「ウォータースタンド アイコン 」という最新機能の水道水を使ったウォーターサーバーです。

理由は、天然水ではなく水道水を使うウォーターサーバーなので白湯を作るのに向いていることです。

電気代は518円/月と電気ポットより安く、温水・冷水・常温水がいつでも使えるのがメリット。しかも定額制で使い放題です。

水道水に含まれる不純物を99.5%除去した国内トップクラスのキレイなお湯と水が出ます。

ウォータースタンド アイコンの詳細は下記の公式サイトをご覧ください。

アイコンの公式サイトはこちらから

タイトルとURLをコピーしました