ウォータースタンド「メイト」の評判。高いコストパフォーマンス。

水道水のサーバー

おいしい水を飲むためにウォーターサーバーが自宅にあってもおかしくない時代を迎えています。

でも頭を悩ます問題があります。それは、ウォーターサーバーは維持費が高くつくということです。だからウォーターサーバーは半ばあきらめて、コンビニやスーパーでペットボトル水を買っているのではないでしょうか?

でもあきらめるのはちょっと早いかもしれません。

水道水を使う浄水型ウォーターサーバーなら、維持費がとても安く使えるタイプが存在しているのをご存じでしょうか?

ぼくも今までいろいろなサーバーを経験してきましたが、基本的な性能がしっかりしていれば、高度な補助機能は無くても十分にウォーターサーバーを使う目的がかなうのです。

今回ご紹介する水道水を使うウォーターサーバーは、維持費が安いのに基本性能は上位機種と変わらないので、安かろう悪かろうという製品とはちょっとレベルが違います。コストパフォーマンスが高いのに表に出ない隠れた存在ではないかと思っています。

もし、高性能のフィルターを備え維持費の安い浄水型ウォーターサーバーにご興味があれば、ぜひお読みください。

スポンサーリンク

維持費が安いとウォーターサーバーは長続きする?

一昔前までは、水を買うということが信じられませんでした。ところが近年ではペットボトルの水を買うのは当たり前で、ウォーターサーバーも自宅で使う時代へと急速に進んでいます。

水は毎日使うし飲むものだから、水道水のようにできるだけ安いことを望みます。ところが従来の天然水をベースにしたウォーターサーバーは天然水の料金が使っただけ請求される仕組みです。

つまり水の料金を考えながらウォーターサーバーを使うことになります。たくさん天然水を使うとそれだけお金が加算されていくので、水料金のストレスにも繋がります。

ウォーターサーバーを家庭で使う場合に、気になるのが「維持費」つまりランニングコストです。日常的な維持費は「水の料金」「メンテナンス料金」「電気料金」の3つが主な項目になります。

自家用車を例にとれば、これから先日々使うのならガソリンの燃費が良いハイブリッドや電気自動車を選びますね。排気量が大きく燃費が悪い車は、どんなに優れていても庶民には維持するのが大変で家計を圧迫してしまいます。

同じように日常的に使うウォーターサーバーを導入するかどうかは、その機能よりも「維持費」にかかっていると言っても過言ではありません。もしタダで使えるとしたら、ウォーターサーバーが必要ないという人は、おそらくいないはずです。

ウォーターサーバーは維持費が安いと利用するのも長続きすることにつながります。

浄水型ウォーターサーバーの特徴とは?

よく水道水を使うウォーターサーバーを「浄水型」とか「水道直結型」とか「水道水補充型」などと呼ぶことがあります。

浄水型ウォーターサーバーを水道に直接つないで使う方法を「水道直結型」と呼び、水道水をサーバーに自分で補充して使う方法を「水道水補充型」と呼ぶのが一般的です。

水道に直結するタイプも水道水を補充するタイプも、どちらも水道水から不純物を取り除いてきれいな水にします。なのでどちらも「浄水型」のウォーターサーバーになります。

浄水型ウォーターサーバーは、水道水に混入している不純物を取り除くためにフィルターが用いられます。つまり浄水型ウォーターサーバーはフィルターが全てといっても過言ではありません。いかにきれいな水を作るかが浄水型ウォーターサーバーの仕事です。

フィルターには大きく分けて2種類あります。普通に不純物を取り除いて水道水に含まれるミネラル成分だけを残すフィルターで一般的に使われてます。もう一つはROフィルターです。ROフィルターは「逆浸透膜」とも呼ばれていて水道水のほぼ全ての不純物が取り除かれます。ウイルスや放射性物質レベルの不純物も除去します。

浄水型ウォーターサーバーを選ぶ時には、一般的なフィルターのタイプか、あるいはROフィルターのタイプかを選べるようにメーカーでは設定しています。メーカーによっては、一般的なフィルターだけの機種のところもあります。

一般的なフィルターは家庭でもよく使われています。例えばウォータースタンド社の全機種で不純物除去をテストした結果が報告されています。

この方法は一般財団法人日本食品分析センター「JIS S3201:家庭用浄水器試験方法 回分式浄水による試験結果」によるウォータースタンドの試験結果です。以下の不純物12項目をほぼ完全に除去しています。

遊離残留塩素 合格
クロロホルム 合格
ブロモジクロロメタン 合格
ブロモホルム 合格
トリクロロエチレン 合格
テトラクロロエチレン 合格
総トリハロメタン 合格
2-MIB(2-メチルイソボルネオール) 合格
CAT(2-クロロ-4,6-ビスエチルアミノ-1,3,5-トリアジン) 合格
溶解性鉛 合格
ジブロモクロロメタン 合格
濁り 合格

引用:ウォータースタンド公式サイトより

一般的なフィルターでも十分な不純物の除去能力があります。ではROフィルターとはどれ位の能力があるのでしょうか?

ROフィルターは「水の分子」しかフィルターを通過できません。つまりなんの混じりけもない「ピュアウォーター(純水)」を作ります。水道水のミネラル成分も、ヨウ素、セシウム等、放射性物質までをも除去する、最も浄水精度の高いフィルターです。

ROフィルターで作った「ピュアウォーター」を使うのは、ミネラル成分が体に合わない場合、赤ちゃんのミルク作り離乳食作り、素材の味にこだわる料理、お化粧などの美容に利用することなどが一般的です。

維持費が安いウォータースタンド「メイト」とは?

ここまでご説明した通り、浄水型ウォーターサーバーは性能のよいフィルターを備えていることと、日々の維持費が安いことがの2つが家庭で長く使うための条件となります。

今回ご紹介するのは、ウォータースタンド「メイト」という機種です。メイトはあまり表に出ることは少なく、ウォータースタンドと言えは「ガーディアン」「ネオ」「S3」が紹介されていることが多いです。

メイトを紹介する理由は、基本機能と安い維持費でコストパフォーマンスが高い評価があるからです。メイトとはどんな形をしているのかご紹介します。あまり写真が無いので、ウォータースタンドの公式Twitterからご覧いただきます。以下のような外見です。

メイトの特徴をご紹介します。

メイトの料金

メイトのレンタル料金は2種類あります。①「月額2,728円(税込)の通常プラン」と、②「月額2,200円(税込)の長得プラン」の2種類です。長得プランの場合は長得登録料が11,000円必要になります。

レンタル料金には、①12カ月毎のフィルター交換、②定期メンテナンスサービス、③故障や経年劣化時の製品保証、が含まれています。

ウォータースタンドは初期設定費用がレンタル料に含まれるのが基本契約ですが、メイトは初回設置費9,900円(税込)がかかります。初回設置費に含まれるものは、本体の設置・分岐水栓金具・設置部材・出張料金・廃材撤去費用です。

サイズとデザイン

メイトはとってもスリムなサイズです。幅13cm、奥行40.27cm、高さ38.01cm。メイトにはタンクが無いので幅が13cmと細いからじゃまになりません。メイトの重さは3.3kgです。一般的に10kgを超えるウォーターサーバーと比べるとその軽さが分かります。

デザインは、シンプルです。カラーはシルバー、ピンク、ミントの3色から選ぶことができます。シンプルでおしゃれな外見はお部屋のどこに置いても違和感がありません。

電源が不要

ウォーターサーバーの悩みのひとつに電気代がかかることです。冷水・温水を作るための電気代が常時かかることが気になります。メイトは常温水だけなので、冷水や温水を作るための電気が不要です。電気代を心配する必要もなく、電気のコンセントが無い場所でも置ける自由さがあります。

メイトを選んだ理由と評判

ウォータースタンド「メイト」を選んだ理由と評判についてお伝えします。

常温水があれば十分だから

ウォーターサーバーを使うことをイメージしてみてください。基本性能がしっかりしていれば、それだけで浄水型ウォーターサーバーを導入した目的がかなうからです。

メイトには冷水と温水がありません。普段の生活の中でどの位の頻度で冷水や温水を使うかを考えるとそれほど頻繁な事ではありません。もしお仕事をしているなら土日などの休みや平日の朝晩だけで、留守の時間は使いません。在宅なら温水や冷水は1日10回程度ではないでしょうか?

メイトは常温水なので、もし冷たい水が欲しければメイトの水を冷蔵庫で冷やしておけばいつでも飲めます。またカップ麺やインスタント食品を湯戻しするならメイトの水を使う分だけコンロで沸かせば使えます。冷水や温水を保温するために使う月1,000円前後の電気代が節電できることになります。

逆に常温水は、日常的によく使います。お米を洗ったり炊飯したり、料理に使ったり、野菜を洗ったり、マイボトルの水をくんだり、ペットの水など、広く使えると評判です。

つまり、常温水があれば日常生活ではそれほど不便は感じないということです。石油価格が高騰している中で電気代も値上がりルすることも考慮すると、SDGs向けの電気を使わない消費電力0のエコなウォーターサーバーと言えます。

ボトル交換が面倒だから

ウォータースタンドのメリットは全機種でボトルが無いことです。これにより宅配での受取や返却、あるいは使い終わったボトルの廃棄などの処理が不要になることです。もちろんボトルの発注や交換作業も不要になります。これらの一連の手間が不要なことが評判となています。

メイトの資料はウォータースタンド公式サイトから請求してください。

公式サイトには「ガーディアン」「ネオ」「S3」の例が紹介されていますが、メイトは掲載されていないのでオンライン資料請求から資料(無料)で取り寄せてみてください。

資料請求先公式サイトウォータースタンド

まとめ

ここまで浄水型ウォーターサーバーの特徴と機能をご説明いたしました。家計に負担なくウォーターサーバーを長く使うためのポイントをまとめると次の通りです。

  • 維持費「水の料金」「電気代」「メンテナンス」が安いこと
  • 維持費が安くても浄水の基本機能はしっかりしていること
  • キレイで安全な水がたくさん使えること

これらの条件を持っているのが、ウォータースタンド「メイト」です。

タイトルとURLをコピーしました