「このブログはアフィリエイト広告を利用しています」

ウォーターサーバー「プティオ」と「ピュアライフ」の維持費を比較。安いのはどちら?

ウォーターサーバーで毎月の維持費が安いものが欲しいのは当然の選択肢ですね。

そこで今回は品質が良く毎月の維持費が3,000円台で使い放題のウォーターサーバーを2機種紹介します。

目安として維持費3,000円台をおすすめする理由も含めて解説します。

維持費の安い「プティオ」と「ピアライフ」を比較!

ここまで月の維持費の目安を説明してきました。

この条件を満たすおすすめのウォーターサーバーを2機種紹介します。

  1. クリクラputio(プティオ) 1人~2人向け
  2. ウォータースタンド ピュアライフ 家族向け

この2機種を選んだ理由は3つあります。

  • 毎月の維持費が3,000円台
  • 水が使い放題で料金の心配なし
  • 設置工事が不要・ボトルも不要

2台の機能を比較して下記の表にまとめました。

基本項目クリクラputio(プティオ)ピュアライフ
外見のデザイン
発売日2023年8月2022年12月
初期費用無料無料
月額レンタル料金2年プラン:3,440円(税込)
1年プラン:3,760円(税込)
*あんしんサポートパック料460円含
3,300円(税込)
タイプ卓上タイプ床置きタイプ
給水方式給水型給水型
利用温度冷水・温水・常温水・再加熱冷水・温水・常温水
浄水フィルター性能UFろ過
活性炭フィルター
ナノトラップフィルター
プラスイノセンスフィルター(LR)
チャイルドロック機能全面操作ロックすべての操作のロックが可能
温水は自動でロック
特別機能エコモード搭載
UV-LED(紫外線)殺菌機能
2つの節電モード機能
UV-LEDクリーン機能
メンテナンス半年ごとのフィルター交換
年1回まるごとサーバー交換は専門スタッフが担当
半年ごとのフィルター交換
セルフメンテナンス
サイズ(幅)240mm
(奥)362mm
(高)415mm
(幅)260mm
(奥)370mm
(高)1,204mm
タンク容量冷水1.0L
温水1.0L
給水タンク約3L
冷水:2.0L
温水:1.5L
常温水:1.0L
電気代(月)800円~462円~
最低利用年数1年間又は2年間1年間
解約料金1年未満の解約:20,000円
2年未満の解約:13,500円
*金額は不課税
1年未満の解約:6,600円
公式サイトクリクラfeelfreeピュアライフ
クリクラputioとピュアライフの比較 2023年12月28 日更新

1.クリクラputio(プティオ)の特徴

3カ月半額で月額料金1,570円(税込)!
(New)お得プランレンタル料2,680円/月
+あんしんサポートパック460円/月=月額料金3,140円
⇒ 3ヶ月半額で月額料金1,570円

クリクラfeelfree putio(プティオ)の特徴は、コンパクトで卓上タイプの浄水型ウォーターサーバーで2023年8月にクリクラから登場しました。

そもそもクリクラは全国の530の産院で採用されている人気のウォーターサーバー。

お医者さんが監修したママと赤ちゃんの情報誌「Anetis」の調査結果によると「産院で1番選ばれているウォーターサーバー」(Anetis:https://anetis.jp/)に選ばれています。赤ちゃんのミルク作りから小さなお子さんまで使えるので、ママ・パパから絶大な支持をえていることでも有名。

そのクリクラが作った putio(プティオ)のメリットはコスパの良さ。2年プランだと月額3,440円(税込)で使い放題。3,440円にはあんしんサポートパック料月460円分を含みます。故障やフィルター交換などを含むサポートが無料で受けられます。

初期費用は無料。クリクラ putio(プティオ)は、年1回ウォーターサーバーを丸ごと交換してくれます。もちろん浄水フィルターは半年ごとに送ってくれるので、自分で簡単に交換できます。

プティオは自分で水を入れて使います。

設置工事がないのでどこでも自由に置けるのがクリクラ putio(プティオ)です。狭い部屋でも自由におけるウォーターサーバーとして開発されています。

使う分の水道水を入れて使うので、ボトル型のような「水あまり」は生じません。

なのでサーバー本体から出ているのは電源コードだけというシンプルさに加え、浄水フィルターの性能レベルが高く安心して使えます。

置き場所自由ということは、インテリアとしても活躍します。お部屋になじみやすいデザインなのでおしゃれなお部屋にもイメージアップできるのが人気です。

冷水・温水・常温水、再加熱機能節電モードはがうれしい機能です。

基本的には1人用でそのコンパクトでおしゃれでかわいいデザインが人気となっています。

基本性能を落とさずに、しっかり使えること。さらにコンパクトにする「ちいさく、かしこく、おいしい。」がコンセプトのウォーターサーバーです。

■キャンペーン情報・最新情報は下記ボタンから公式サイトまで

2.ウォータースタンド ピュアライフの特徴

\ お得な情報 /
1.レンタル料金3か月半額(通年)
月額3,300円(税込)➡ 1,650円(税込)
2.契約の縛りなし 違約金0円(2024年3月31日まで)

次におすすめするのがウォータースタンド ピュアライフです。

2022年12月に登場した新型のウォーターサーバー。

ウォータースタンドは水道直結型ウォーターサーバーでは老舗のメーカーで知られていますが、なんと自分で水道水を給水するタイプ「ピュアライフ」が登場して話題となりました。

工事不要のウォーターサーバーは人気が急増していることが伺えます。

ピュアライフはもちろん工事がないので面倒な打ち合わせや立ち合いなど工事関連の処理もありません。また、置き場所自由というメリットもあります。この機能は先ほどのクリクラputio(プティオ)とほぼ同じと言えます。

ウォータースタンド ピュアライフの最大の特徴はコスパがとっても良いことです。

なんのコスパかと言えば、毎月3,300円(税込)の料金だけで、初期費用が無料なのはほぼクリクラputio(プティオ)と同じです。

ところが、ピュアライフの最大のメリットは、「浄水フィルターの性能」にあります。実は、日本でもトップクラスのナノトラップフィルターを使っています。

不純物やトリハロメタンなどの有害物資から、塩素でも死滅しない病原性微生物、さらにはウイルスまでも99.5%を除去する高いレベルの浄水フィルターをもっていること。

つまりウォータースタンド ピュアライフは、同社で大人気となっている水道直結型の「アイコン」月額4,400円(税込)と同じトップクラスのきれいな水が使い放題なのが最大のコスパの良さとなっています。

ピュアライフは、自分で水を入れて使えるタイプでボトルが無いからコンパクトでデザインもシンプルでおしゃれです。

クリクラputio(プティオ)は卓上型でしたが、ピュアライフは床置きタイプ(スタンド型)です。

国内トップクラスの高性能フィルターを持つ床置きタイプのピュアライフは人数が多い家族に人気です。

■お得な情報・最新情報は下記ボタンから公式サイトまで

維持費の安いウォーターサーバーがおすすめ!

ウォーターサーバーは月1万円を超えることもあるので毎月の維持費が心配になります。

いくらおいしいお水が飲めても、維持費がバカ高いと導入するのもためらいます。

いまやウォーターサーバーは贅沢品とは言えず、これからはきれいで安全な水を確保するためにも必需品と言っても過言ではありません。

毎日使うウォーターサーバーだからこそ、毎月の家計を圧迫しない維持費が大切になります。

こんな口コミがあるくらい毎月の維持費が高かったといいます。

ではなぜウォーターサーバーの維持費が高くなるという口コミがあるのでしょうか?

維持費が高くなる要因は3つ?

ウォーターサーバーの維持費が高くなる要因は3つあります。

もちろんこの要因が悪いわけではありません。

高い維持費を払っても高価な天然水に満足するユーザーがいらっしゃるのも事実です。それはウォーターサーバーの利用目的がそもそも違うためです。

話を戻すと、維持費が高くなる要因を説明します。

  1. 毎月の利用料金が高い
  2. 毎月の水料金が高い
  3. 毎月の電気代が高い

「毎月の利用料金が高い」という要因があります。そもそもウォーターサーバーには本体のレンタル料金やメンテナンス料金などがかかります。

ボトル型のウォーターサーバーでは、毎月使った水ボトル代だけ支払う料金システムが一般的です。つまり、サーバー本体、メンテナンス料金は、全て水ボトル料金に含まれます。

一方浄水型のウォーターサーバーでは、使うのは水道水なのでメーカーから水を買う必要はありません。その代り、ウォーターサーバー本体の定額レンタル料金を毎月支払うことになります。この料金にはフィルター交換費用なども含まれることが一般的となっています。

「毎月の水料金が高い」という要因があります。ボトル型ウォーターサーバーではボトルを使った分の料金を支払います。なので使えば使うほど毎月にボトル料金は増えていきます。月1万円を超えたという口コミからもわかります。

一方浄水型ウォーターサーバーは1リットル当たり0.24円の水道水を使うので水料金は安いと言えます。

「毎月の電気代が高い」という要因があります。ウォーターサーバーはボトル型でも浄水型でも冷水・温水を作る構造になっています。そのため、電気代が毎日24時間かかるのは当然のことです。

問題は、この電気代が月どれくらいかかるのか?ということです。一般的に月1千円前後が目安です。ウォーターサーバーの構造の違いで電気代に差が出ます。省電力タイプ(エコモード機能)なら月500円前後で使える機種が多いです。

維持費月3,000円台がおすすめの理由

毎月の維持費が安く使えるウォーターサーバーを選ぶ時の目安を説明します。

維持費の目安はあくまでもぼく個人の経験から割り出したものです。

ウォーターサーバーの維持費を安くしたいときの目安は月3,000円台がおすすめです。

その理由は、家計の出費を考えたときに何とか3,000円台なら支払うハードルが低いと言えるからです。

例えば3人家族でファミレスの外食に行ったとします。1人1,000円なら約3,000円です。

外食を1回減らした代金3,000円分で、ウォーターサーバーの水が毎日使えるという目安は、とってもコスパがいいからです。

つまり維持費が月3,000円前後できれいで毎日24時間おいしい安全冷水・温水・常温水がいつでも飲めればファミレス1回分よりも満足度が高いはずです。

維持費の安いウォーターサーバー(まとめ)

毎月の維持費が安いウォーターサーバーを紹介しました。

維持費が高くつく要因も説明いたしました。

今回ご紹介した、毎月の維持費が3,000円台の定額制で使い放題のウォーターサーバー2機種はおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました