梅干し【自家製】かんたんで美味しい作り方

梅干しを作るとなると、容器を消毒したり梅を洗ったり、カビが生えない様に管理したり大変そうですね。実は準備が超簡単で失敗のない昔ながらの梅干しの作り方があります。ここで紹介いたします。

梅干し作り(準備編)2019年6月20日開始!

梅干し作りをブログで紹介すます。段階を追って梅雨明けまでかかるので、その都度追記をしながら、解説していきます。一緒に始めると出来上がります。

スーパーで梅を買ってきます。

6月下旬に入りました。スーパーで梅が売っていますが、数種類があります。スーパーで梅干し用に売っているのが一般的に「なんこう梅」です。

スーパーで青梅を買いました。
スーパーで青梅を買いました。

もう一つの種類が梅酒用の「青梅」です。どちらも同じ値段で1kg約1,000円前後で売ってます。

今回は、青梅をつかいます。柔らかい梅干しよりも、少しかための方が少なので、青梅にしました。

今回は、赤しその入ってない梅干しです。

作るのは、赤い梅干しだと赤しその処理が大変なので、赤しそを入れない梅干しを作ります。出来上がりは赤くない梅干しですが、素朴ですっぱい梅干しができます。

梅干し完成までの手順です。

1.梅が青い場合は、熟すまで置きます。

まだ梅は青いので、熟して黄色になるまで箱などに並べて窓際に置いておきます。何日かすると、次第に桃の様な甘い香りが部屋いっぱいに広がってきます。

こんな感じで、窓際にでもおいて熟すまで待ちます。
こんな感じで、窓際にでもおいて熟すまで待ちます。2019年6月20日開始しました。

2.黄色に熟したら、洗います。

熟して黄色になったら、水で優しく傷つけないように洗います。へたの黒い部分をつまようじで取ります。

この部分は、時期が来たら写真をアップします。

3.広口のビンかプラスティックの容器を用意

梅を漬けるための容器を用意します。きれいに洗って乾かします。上から重しを乗せるので、口は弘い方がやりやすいです。重しは、1~2Kg程度の石か漬物用の重しです。

4.梅を漬けます。

塩分20%で漬けます。20%の濃度だと何年でも持ちます。減塩で18%などに下るとカビが生えたり長もちしません。なので20%です。

梅1kgに塩200gを用意します。

5.梅と塩を交互に入れます。

漬物用の容器に、梅と塩を交互に入れていきます。入れ終わったら重しを乗せて終わりです。キッチンの片隅にでも置いておきます。

去年の写真です。結構、塩が入ります。
去年の写真です。結構、塩が入ります。

6.水が上がってくる。

数日すると容器の中に↓から水が上がってきます。水が上がて来ないのは塩が不足しているからです。塩を少し足してください。そのまま置いておきます。

小皿をかぶせて、その上から漬物石を置きました。2018年の写真
小皿をかぶせて、その上から漬物石を置きました。2018年の写真

7.梅雨が明けるまで、そのまま置きます。

水が上がって来たのを確認したら、そのまま梅雨が明けるまで置いておきます。

梅と塩だけなのに、なんでこんなにすっぱくなるのか不思議です。

次回へ、つづく >>> こちら

なお(ライター@naoblog33.com)