ウォーターサーバー『プレミアムとフレシャス』おしゃれ比較

ウォーターサーバー
この記事は約8分で読めます。

ウォーターサーバーをお部屋におくなのなら、おしゃれな方がいいですよね。

おしゃれなウォーターサーバーで注目を集めているのが「プレミアムウォーター」「フレシャス」

どちらのデザインがおしゃれなのかは迷うところですね。

どちらがおしゃれなデザインなのか特徴をくわしく調べて徹底比較しました。

プレミアムとフレシャスの特徴を分かりやすく説明しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ウォーターサーバー「おしゃれ」デザイン比較

ウォーターサーバーではシェアNo1、顧客満足度1位を誇るスリムなデザインの「プレミアムウォーター」

一方、グッドデザイン賞を受賞していてインテリアとしてもおしゃれなデザインの「フレシャス」

どちらのウォーターサーバーも、そのデザイン性はトップを競い合うだけに譲らない卓越した「おしゃれ」感があります。

プレミアムウォーターはスリムでインテリアにマッチ

初めにプレミアムウォーターのデザインを紹介します

プレミアムウォーター

プレミアムウォーターのデザインを一口で表現すると「スリムでインテリアにマッチするデザイン」と言えるのではないでしょうか。

プレミアムは基本的に水ボトルはウォーターサーバー本体の最上部にセットするタイプです。

おしゃれなデザインは6種類あります。

1つ目は、スタンダードタイプ「スリムサーバーIII」です。

プレミアムがおしゃれなのは4色のカラーがあることです。

ロングタイプとショートタイプの2種類から選べます。

2つ目は、スマートなデザインがあることです。

スリムなタイプの「amadana」があり、かなりおしゃれだと感じます。

インテリアに調和するロングタイプショートタイプの2種類があります。

プレミアムウォーター

3つ目は、水ボトル下置きモデルのウォーターサーバーがあることです。

amadana「cado×PREMIUM WATER」で、唯一水ボトルは足元の下置きタイプです。

4つ目は、誰もが使いやすい直感的な操作の「QuOL(キュオル)」

だれでも使いやすい操作ができるのが特徴のモデルです。

4つの機種にロングとショートタイプが加わり、プレミアムウォーターのモデルは合計6種類となります。

グッドデザイン賞を受賞のフレシャス

次は、フレシャスのデザインを紹介します

フレシャス

「デザイナーズモデル」「ベーシックモデル」「コラボモデル」に分かれます。

デザイナーズモデル

「デザイナーズモデル」には、「Slat」と「Slat+cafe」、「dewo」と「dewo mini」があります。

「dewo mini」は業界では最小のウォーターサーバーでテーブルの上にそっと置けます。

「Slat+cafe」はコーヒーが淹れられるカフェ機能付タイプです。

デザイナーズモデルだけあり、どちらもグッドデザイン賞を受賞しています。

ベーシックモデル

「ベーシックモデル」は、「SIPHON+」(サイフォンプラス)と「AQUWISH」(アクウィッシュ)があります。

どちらもロングタイプとショートタイプから選べます。

人気キャラクターとのコラボモデル

「コラボモデル」は、人気キャラクターとコラボした「フレシャス限定モデル」で、かわいいデザインです。

フレシャス

卓上タイプの「dewo mini」miffyミッフィーのコラボ

その他、ロングタイプの「dewo」ONE PIECE(ワンピース)、Rilakkuma(リラックマ)のコラボから選べます。

プレミアムとフレシャスのデザインの特徴を比較しました。

プレミアムとフレシャス、天然水の違いは?

プレミアムとフレシャスの天然水について比較してみました。

プレミアムウォーターの天然水

プレミアムウォーターは4つの採水地から天然水を取っています

(1)天然ミネラルのバナジウムと亜鉛が含まれている「富士吉田」

(2)北アルプスの雪解け水をくみ上げた「北アルプス」

(3)花崗岩の下でろ過された天然水「金城」

(4)天然ミネラルのシリカが含まれている「南阿蘇」です。

プレミアムの天然水はそれぞれ特徴があります。

International Taste Institute(国際味覚審査機構)2020にて「優秀味覚賞2つ星」、モンドセレクション2020にて「優秀品質金賞」を受賞しているという天然水です。

近くの水源の天然水は送料が無料ですが、遠くから取り寄せる時は送料が別途かかります。

フレシャスの天然水

フレシャスの天然水は3種類から選べる方式をとっています。

天然水の種類は、数十年前に降り積もった雪が、幾重もの玄武岩層を長い年月をかけて浸透し、富士山の地下に蓄えられたきれいな天然水「フレシャス富士」

他では採れない高いバナジウム含有量180μg/Lを含む貴重な天然水「フレシャス朝霧高原」

御嶽山の地中から自然に湧き出た希少価値の高い天然水「フレシャス木曽」です。

ウォーターサーバーの機種により、ご選択できない場合があるものの、3種類の天然水から選ぶことができ配送料は無料です。

プレミアムの天然水は4種類水の送料は無料ですが、一部で遠い場合は有料となります。

フレシャスの天然水は3種類送料は全国一律無料です。

プレミアムとフレシャスの水の値段比較

プレミアムウォーターとフレシャスはどちらも天然水を提供しています。

水の値段の違いを調べてみました。

プレミアムウォーターの水の値段

プレミアムウォーターの水の値段から説明します。

「PUREMIUM3年パック」という3年契約の場合が一番安いです。

この場合、月に24リットル使うと3,974円(税込)です。

プレミアムの天然水は、500ml換算で82円です。

それ以外には、採水地から遠い場合に12Lボトルについては2本セットで送料が440円(税込)~660円(税込)かかります。

7リットルボトルの場合は、送料は全国無料です。

沖縄や離島は除きます。

フレシャスの水の値段

フレシャスの水の値段は少し複雑です。

水のパックが、4.7リットル、7.2リットル、9.3リットリと3種類あります。

機種と採水地によって料金の組み合わせがあります。

簡単にまとめると次の様になります。

4.7リットルは、925円(税抜)500mLあたり約98円で「dewo mini」だけが対象です。

7.2リットルは、1,155円(税抜)~1,170円(税抜)500mLあたり約80円~81円です。
税込みの計算をする場合は、水は軽減税率8%となります。

簡単に両者をまとめると次のようになります。

プレミアムウォーターは、500ml換算で82円。但し送料がかかる地域がある。

フレシャスは、500ml換算で80円~81円。「dewo mini」用だけ98円と高めです。

水の料金は機種や採水地、パック容量によって値段が変動します。

プレミアムウォーターとフレシャスの維持費比較

水に配送料、レンタル料、電気代等の維持費を比較してみます。

プレミアムウォーターの維持費

プレミアムウォータは、レンタル料が無料の機種と月1,100円(税込)かかる機種があります。

水の配送料は近くなら無料ですが、採水地が遠い場合は配送料440円(税込)~660円(税込)かかります。

プレミアムの電気代は、機種によりばらつきがあります。

最低はエコモードで月に約500円で、一番かかる機種では、月に1,188円と公開しています。

フレシャスの維持費

フレシャスは、レンタル料、水の配送料は無料です。

電気代は、エコモードで最大70%カットで330円~750円です。

もし、70%カットでない場合を試算してみると、470円~1,070円程度と思われます。

プレミアムもフレシャスもエコモードでないときは、500円~1,000円前後の間です。

プレミアムとフレシャスの電気代を比較するとあまり差は無いようです。

お部屋のインテリアとしての「プレミアム」と「フレシャス」

プレミアムとフレシャスは、デザインに関してそれぞれ独自の特徴があります。

プレミアムはスリムでインテリアとマッチするようなイメージ戦略をとっています。

一方、フレシャスはグッドデザイン賞を受賞したデザイナーズモデルやキャラクターとのコラボモデルなど幅を持っています。

miffyミッフィーのコラボ、ONE PIECEワンピース、Rilakkumaリラックマがあり部屋に置くとインテリアとしても評価されています。

明るい部屋にもシックな部屋にも合う色と形、「空間との調和」を戦略としています。

「プレミアムウォーター」と「フレシャス」というトップデザインと天然水の品質は、どちらのサーバーを選んでも失敗はないと思います。

選ぶ時は、お部屋に合ったデザインはもちろん、天然水の費用、維持費のトータルバランスが大切です。

プレミアムウォーターの最新情報は公式サイトから↓

プレミアムウォーター

フレシャスの最新情報は公式サイトから↓

フレシャス

おわりに

おしゃれでトップを競う「プレミアムウォーター」と「フレシャス」を比較し紹介しました。

お部屋にマッチしたウォーターサーバーを選んでくださいね。

タイトルとURLをコピーしました