「このブログはアフィリエイト広告を利用しています」

寒くなる季節に脱水予防?効果的な水の飲み方

脱水は夏以外に寒い季節にも起こるの?

実はこの寒い季節こそ脱水が起こりがちになります。

そこで今回は冬の季節に重要な水分補給の効果的なやりかたを紹介します。

こまめな水分補給が大事で風邪の予防にもつながります。

「PR」

寒くなる季節に脱水予防?

夏は暑く汗をたくさんかくので、多くの方が水分補給をします。

しかし、体が冷えるこの季節には水分補給を忘れがちに!

理由は喉が乾かないことと汗をかかないのでついつい水分補給をしなくなりがちに。

寒い冬とは言え、汗をかかなくてもおトイレなどで水分が失われていきます。

そのため、冬の季節こそ脱水予防が大事になります。

寒い季節におこる脱水の危険性とは?

特に注意が必要なのは、暑い季節は水分を取っていたのに、寒くなると極端に水分補給が少なくなること。

冬は空気が乾燥していることと、暖房で部屋を暖かくするので湿度が低くなります。

湿度が低い環境で過ごしていると、体の表面から水分が失われることが知られています。そればかりか、呼気からも水分は失われていきます。

ところが冬は喉が渇きにくいので、夏に比べると水分補給をしない傾向にあります。

また、最近流行しているインフルエンザなどで熱が出たりお腹を壊したりすると、さらに多量の水分が失われることに。

水分が身体から失われると、血行が悪くなり冷え性になったり、最悪の場合、血液がドロドロになり脳卒中や心筋梗塞のリスクも高まることが知られています。

寒い時期こそ、こまめな水分補給を心がけることが重要です。

冬の水分補給にはさらに重要な理由がある?

冬の水分補給にはもう一つの大切な理由があります。

それは、風邪の予防になること。

つまり、風邪のウイルスなどがのどの粘膜に付着することで風邪にかかります。

しかし水をこまめに飲むことでウイルスがのどから胃にながされて、強烈な胃酸によって死滅することが知られています。

専門の先生によると効果的な水の飲み方は、一口だけでもいいので30分に1回程度を飲むのが目安だそうです。

また喉には腺毛があって、外部から入ってきた遺物を防御します。

この腺毛には弱点があります。

それは乾燥すること。

腺毛が乾燥すると働きがわるくなり、その結果ウイルスが体内に入ってきやすくなると言います。

その予防の対策として、マスクをして乾燥を防いだり、こまめな水分補給が大切だと専門家はアドバイスしています。

効果的な水分補給のやり方

寒い冬に水分補給で冷たい水を飲むのはちょっと抵抗があり、そんなには飲めません。

そこでおすすめなのが白湯(さゆ)です。

お湯を沸かしたり高温のお湯が出るウォーターサーバーを利用して水分補給をすること。

お湯を飲みやすい温度に調整することで飲み安くなります。

風邪の予防の場合は、コップ一杯程度の水や白湯をこまめに摂ること。目安は1日あたり多くても2L程度。

寒い冬こそ、温かい白湯で水分補給してはいかがでしょうか。

面倒な白湯が簡単につくれてすぐ飲めるウォーターサーバーを利用するのもいいですね。

白湯には他にもうれしい効果があるので、記事を書きました。

もしよかったらご覧ください。

もしウォーターサーバーを検討している方は、次の記事を参考にしてください。

最近の新しい情報をまとめています。

寒くなる季節に水分補給(まとめ)

冬は暖かい白湯などで水分補給をしましょう。

風邪の予防の目安は30分に1回程度コップ1杯の水を飲むこと。

風邪の予防、健康維持のためにも水分補給をしっかりして寒い冬を元気に乗り越えましょう!

タイトルとURLをコピーしました