驚きの栄養!『真っ赤なトマト』の原産地と効果的な食べ方

家事をやろう!
この記事は約3分で読めます。
真っ赤に熟れたトマトはなぜ体に良いのでしょうか?栄養価の高いトマトを効果的に食べる方法を教えてほしい。

美味しくて栄養価の高いトマトと食べ方を紹介する内容です。

この記事は始めにトマトの原産地を紹介し。トマトの驚くべき成分を説明しつつ、美味しい食べ方を紹介します。

スポンサーリンク

その1:トマトの原産地

初めて知った方も多いのではないでしょうか。実はトマトの原産地はアンデスなのです。

トマトの原産地のアンデス山脈やペルー付近の高地がトマトの原産地といわれています。アンデス山脈やペルー付近の高地はとても紫外線が強い環境なのです。

その過酷な環境の中でトマトは進化しながら生きてきたのです。なのでトマトには紫外線のまつわる成分がたくさん含まれていて、それが人の体に効果を発揮するのです。

隣の農園で取れたトマトです。
隣の農園で取れたトマトです。
スポンサーリンク

その2:トマトに含まれる驚きの成分

トマトに含まれる成分で代表的なものがリコピンです。

そしてリコピンがとても多いのが特徴なのです。ではなぜトマトにリコピンが多いのでしょうか>

それはトマトの原産地と強い関係があります。先に説明したようにトマトの原産地はアンデス山脈やペルー付近の高地でした。

トマトはリコピンを作っている

その高地はとても強い紫外線が降り注ぐ厳しい環境です。なのでトマトはこの紫外線の強い地域で生きる工夫が必要だったのです。

その為に自分でリコピンという成分を作って紫外線から守るように進化してきたのです。トマトはとても強い植物なのです。

強い抗酸化作用のリコピン

トマトのリコピンには強い抗酸化作用があります。そしてβ-カロテンよりも抗酸化作用が強く、がんや高血圧などの生活習慣病の予防効果も期待できるようです。

イタリアの真っ赤なトマトのすごさ!

イタリアでは加熱調理用の真っ赤なトマトをメインに使います。その品種は「サンマルツァーノ」といい、真っ赤なトマトです。

調理用の真っ赤なトマトを使うと、より一層リコピンの摂取量が高まるようです。

真っ赤に熟れたトマトは最高に体に良いのです。

その3:トマトの効果的な食べ方

抗酸化作用の効果の高い真っ赤なトマトを使ったレシピの中で簡単に作れる「温トマトスープ」は効果的に栄養が取れるので有名です。

南イタリア気分の予定が、和風になってしましました。

温トマトスープの作り方

今回は「温トマトスープ」の作り方を紹介します。とても簡単に作ることが出来ますので参考にして下さい。

材料

ミニトマト又は適当なトマト、トマトジュース
出来れば真っ赤なトマトが良いです。トマトの代わりにトマトジュースでも効果があります。

豚肉、エノキ、白菜、とうふ、ミズナ、キャベツ
適当な残り物を集めます。

調味料: 塩、コショウ、コンソメ等

作り方

(1)鍋に水を入れ火にかけます。

(2)沸騰したら、コンソメを入れます。

(3)その後、ミニトマト、野菜や豆腐等を入れて煮込みます。

(4)煮えたら、トマトを入れて、塩、コショウで味付けして完成。
   トマトジュースでも同じです。

作り方はとても簡単です。材料は適当でOKです。

温トマトスープの効果

ここで紹介した温トマトスープは、トマトと豚肉を使います。リコピンと豚肉のビタミンBとの相乗効果で血管、血液系の改善に効果があります。

豚肉の油とも相性がよく吸収も高まります。

ブロッコリーとトマト

もっと簡単で栄養がとれるのはブロッコリーとトマトを軽く炒めます。

これは、ついでにブロッコリーと一緒にトマトを炒めました。
これは、ついでにブロッコリーと一緒にトマトを炒めました。

真っ赤なトマトが無い時は、トマトジュースを使います。

トマトジュースの成分は真っ赤なトマトと同じですから簡単に料理ができる優れものです。

まとめ

アンデスが原産地のトマトはリコピンが多い強い野菜です。リコピンを効率よく摂取する方法が真っ赤なトマトを温めて食べる事です。

なお(ライター@naoblog33.com)

タイトルとURLをコピーしました