家事で「掃除の頻度」はどれくらい?掃除のコツと回数

家事を楽にするコツ
この記事は約5分で読めます。

家事の中で重要なのが「掃除」ですね。

みなさんは、掃除をどれくらいの頻度で行っているのか気になります。

子育て中の方、共働きの方、リタイアされた方など様々なスタイルに分けて調べてみました。

また、掃除を効果的に行うコツと回数も紹介します。

スポンサーリンク

掃除の回数はどれくらい?

キッチン回りは毎日少しずつがコツ
キッチン回りは毎日少しずつがコツ

掃除の回数やどこをどれ位掃除するのか調査したデータがありました。全国の1,200人を対象にしたもので、NOS(日本リサーチセンター)がまとめています。

2013年とちょっと前の調査ですが紹介します。

掃除をする場所と頻度

【キッチン・台所】【浴槽・お風呂場】は、約3割の人が毎日掃除しています。

【居間・リビング】【洋室】【洗面所】【トイレ】は、約5割の人が週1回以上掃除している。

【窓ガラス】【エアコンのフィルター】【照明器具】は、年に1~2回が4割、3~4回が5割と掃除
頻度が少なくなっています。

男女別では、女性の方が掃除の頻度が高く【自家用車】だけは、男性が上回っているとしています。

年末の大掃除はいつごろやる?

年末の大掃除は、「毎年年末が近づくと行う」人が6割弱で、「毎年ではないが年末の大掃除をする」人が2割強、「年末の大掃除はしない」という人が、2割近くいます。

汚れ等が気になる・掃除が面倒な場所・モノは?

お風呂はこまめに掃除すると楽です。
お風呂はこまめに掃除すると楽です。

掃除が面倒だと感じている場所は、「キッチン・台所」「浴槽・お風呂場」「トイレ」「窓ガラス・サッシ」「キッチンの換気扇」「エアコンのフィルター」等です。

これらの場所の「汚れ・ホコリ・菌などが気になっているが、掃除が面倒だ」とも思っているようです。

また、「自家用車」「パソコン等のOA機器」は、男性の方が気にしている割合が高いようです。

参考資料:NRCレポート(https://www.nrc.co.jp/report/131226.html)

掃除の回数は生活スタイルで違う

掃除の回数は生活のスタイルによって違うようです。

子育て中のご家庭では、赤ちゃんや小さなお子さんの健康のために掃除の頻度は高いようです。

みんなが過ごす時間の多い場所「リビング」の掃除がメインとなり、1週間に1~2回程度が多いようです。

特にダニやほこりは、アレルギーのもとにもなるためしっかりと掃除機がけや換気、マットを干したりと丁寧にしています。

共働きの世代になると、普段は掃除をしたくても仕事が忙しくなかなかできないのが実情です。

主に週末や休暇の日にまとめて掃除をする方が多いですね。

最近はお掃除ロボットの活用が増えています。

お掃除ロボットは高性能化していることから、出勤前のロボットをセットしていくご家庭も出てきました。

掃除のコツと効果的な回数

お掃除は、こまめにやると後々楽になります。

しかし、理屈はそうであっても現実はなかなか思うようにはいきませんね。

そこで、お掃除のコツと効果的な回数を調べましたので参考にしてみてください。

【キッチン・台所】

毎日使うのがキッチン・台所ですね。結構汚れる場所でもあり、手を抜くとぬるぬるになったり菌が増えていやな臭いが発生してしまいます。

キッチン・台所を掃除するコツは、使ったら小まめにその時に掃除することです。わずか1分だけでも汚れを洗ったりふいたりして置けば、あとが楽になります。

毎日の習慣にするのが、コツです。

【浴槽・お風呂場】

お風呂の浴槽やお風呂場は毎日使う場所です。

お風呂のお湯を取り替える時を利用して浴槽や洗い場などを掃除してしまいましょう。

お風呂に入ったときに、身の回りで手が届く範囲をかんたんに洗っておくと楽です。

天井付近についた汚れやカビは、ひどくなる前にしっかりと掃除しておくことが大切です。

参考に記事を初回します。

【居間・リビング】

みんなが集まったり、1日で一番長く過ごす場所が居間やリビングです。

目には見えなくても、結構なほこりやゴミ、髪の毛などが床に広がっています。

少なくとも週に2~3回は掃除をしたいものですね。

【洗面所】【トイレ】

洗面所もトイレも毎日使う場所です。

お風呂と同様に毎日掃除するのが理想です。

しかし、そうはわかっていてもなかなかできないのがトイレと洗面所です。

少なくとも週に1度はしっかりと掃除することが大切です。

特にトイレは掃除の手を抜くと「悪臭」が発生します。

床にとんだ汚れや、手洗いなどは日々こまめに除菌シートなどを使って掃除じておくのがコツです。

清潔に爽やかに気持ちよく使えます。

掃除で大切なのこととは?

掃除のコツは、ため込まないことです。

毎日できることを少しずつ掃除をする習慣を身につけるとことが大事です。

何よりも掃除された家中は、すがすがしくキレイな空気でスッキリと爽やかになることです。

掃除がされていないと、目に見えないゴミやダニの死骸などでアレルギーを起こすこともあります。

特に畳の上にじゅうたんやマットを敷いている場合は、より一層の掃除が必要なのです。

まとめ

掃除の回数がどれ位なのか調査資料をもとに説明しました。

なによりもこまめな掃除の習慣を身につけると、家の中がキレイに爽やかになります。

面倒な掃除ですが、慣れてしまえば楽しくなってきます。

ダイエットにもなるので、ぜひ楽しく掃除をやりましょう。

タイトルとURLをコピーしました